★天使回廊からの夢☆

 
「ただの人間には興味ありません。宇宙人,未来人,異世界人、超能力者がいたら、私のところに来なさい!以上。」
−この21世紀初頭の涼宮ハルヒのメッセージは,地球の意識を先鋭化した形で代弁しており,
形のない光のネットワーク形成を呼びかけていると感じます。
地球はアセンションして新宇宙の無限水平ステージに軌道変容しようとしている。
ハート地球の胎動が聞こえて来,ワクワクドキドキとしませんか☆ 

『緑川玲◇Twitter☆』は、右サイドフリースペース RECOMMEND のすぐ下にあります★

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Kindle本「涼宮ハルヒの宇宙スピリチュアルへようこそ」のご紹介☆ | main | ユニバーサル・ドリーム・レボリューション◇'99年に登場した宇宙の夢による真理の革命宣言 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |


…一体…何年待った事だろう
百億の想いを封印し、千億の願いを心に宿し
遂に甦った 聖闘士や人を癒し助ける唯一の黄金聖闘士
オピュクスのオデッセウスが2017年9月♍に
巨大な4匹の蛇と共に蛇夫宮にて甦った!


―その風貌は、87年に教皇シオンを葬り乗っ取ったサガの様な叡智と力に満ち満ちて、冥界のアケローン河より、半死に彷徨う黄金オックス救済し、やがて女神を狙う童虎も力にするのだろうか
女神アテナを弑するという恐怖言吐き
多くの聖闘士が死の国へ逝くという恐ろしき13番目の黄金の意図は
一体・・・


Part82 ヒュプノテラピア

天蝎宮へ

聖域に大異変が発生
アテナ紗織の命を狙う童虎を追い、
天蝎宮へ走る瞬と天馬―

その刹那―聖域上空には
火柱共に かつてない大地震が!


ひび割れ一部崩壊する十二宮
―激震―
「蛇夫宮の出現は 十二宮を
…いや
聖域すべてを 崩壊させるつもりか!?」

そうして 巨大な四匹の蛇が 地の底から甦り飛翔する

巨大な蛇夫宮裏門に到着した氷河とアテナ

その瞬間

氷河の身体中のダメージが抜けて行き、心地よい睡眠に襲われてゆく

そして蛇夫宮表門では
紫龍も
良い気持ちになり見も心もすべてが癒され
転げ落ちるように倒れて 眠りに就く

さこにたどり着いた黄金は、
「蛇夫宮が発するヒーリング 伝説の ヒャプノテラピアなのか」と

全ての聖闘士が 癒されつつ 眠りにつき・・・

これが蛇夫宮の力なら 癒しどころか
聖域は大変なことになる
十二宮の聖闘士だけでなく 何もかもが眠りについてしまう


見守る蛇

Part83 復活の刻

ヒプノテラビアから奇跡的に気付いた氷河は
共に抱きかかえていたアテナがいなくなっているのに気付き
蛇夫宮の化身のような巨大蛇がたしなめる

「騒ぐな ここは病める者を癒す
聖なる場所であるのだぞ」

「我らは下僕
神話の時代
アスクレピオス様が
神々の怒りを買い
この聖域を追われた

我らはその時より
ずっと地に埋もれた
この蛇夫宮を
守ってきたのだ

アスクレピオス様の
復活を
信じて・・・

そして鬨はきた

今こそ
アスクレピオス様の
生まれ変わりと言われた
オデッセウスの肉体に宿り
再びこの聖域に
戻られるのだ!」


アテナは無残にも巨大蛇の胃の中に・・・

氷河はアテナを食ったのかと巨大蛇を攻撃するが
そして下僕の巨大蛇は諭す

「聞け ここは
敵味方に関わらず
病める者を
癒す場所と
言ったはずだ

アテナは死に瀕していた
あのまま放置していたら今頃
間違いなく死んで
いたろう

だからわたしの
胎内で死を
一歩手前で
止めたのだ」


そうして巨大蛇の胎内から
アテナは卵の繭に覆われ排出される

そして下僕である巨大蛇は
守り通してきた蛇夫宮の黄金聖衣を解放し役目に戻り
消えていった

蛇夫宮の黄金聖衣は、飛翔し、聖闘士たちの眠る墓場へ

万端の準備は整い、オデッセウス17世紀の聖域に 遂に復活する!

Part84 オデッセウスの復活

天蝎宮の前に開いた大きな亀裂の前で老師(童虎)が眠りに入っているのを、奇跡的に目覚めた瞬が見つける。

「天馬くんと同じようにピクリともしない。
でも…アテナの首を獲ると不可解な発言をしていた老師だ…
ここでまた争わずに済んだことは良かったのかもしれない」

と、急ぎ紫龍に追いつこうとチェーンで崖を飛ぶ

そして追いついた蛇夫宮の手前の道で、蠍座の黄金製闘士が深い眠りに落ちており、紫龍はいない
その先に瞬は、巨大な蛇夫宮を発見する

「こ…これが天変地異…そしてすべてを眠らせた元凶なのか…」

第一の宮―白羊宮では、無数の蛇のような髪の影が、徐々に近づいてくる

「お…おお…
オデッセウス様
よくぞ復活なされました
これでようやく地上はあなた様のものに…」

生き残りの一匹の蛇は、感銘しつつ消えてゆく

そうして
眠れるシオンに歩み寄ったオデッセウスは、

眠れるシオンは数年前の夢を見ていた

聖域からいなくなったシオンと童虎を探すオデッセウス
猛毒ガスが噴出している危険な場所で見つけたその時!

火山の噴火が始まった!

左肩に童虎を
右肩にシオンを背負うが
溶岩流が岐路を塞いで
3人は焼死の危険に

「な…なんとか
この二人だけでも
助けねば…」

その時3人を心配し近くの崖の上まで駆けつけた聖闘士になる前の少年たち

無事かとの声に
「わたしは大丈夫だ
危険だからこちらへは来るな!
この二人を放り投げるから 受け止めてくれ」


噴火の寸隙を突いて
オデッセウスは二人の子供を力いっぱい少年の聖闘士たちに投げ飛ばす

その直後、火山は大噴火し、
オデッセウスは呑み込まれてしまう

悲しむ少年たち…全身やけどで噴火に呑み込まれたオデッセウスは
「フッ
わ…わたしはまだ
死にはしません」

泣きながら謝るシオンと童虎

「嘆くことはない
これが私の役目です

一人でも多くの
聖闘士の命を救うこと…

そのために
この身が
どうなろうと

誰も
嘆くことは
ないのですよ」

泣きつつ感動する少年たち…

回想は終り―

シオンは眠りつつ
「オデッセウス」と…

オデッセウスは、
「どうしたシオン
昔の夢でも見ていたか…」

そこでシオンは目覚めて
眼前には復活した黄金製闘士のオデッセウスが

「あ…ああ… あなたは…

ま…まさか…
まさかこれが
現実のものとは…
あなたは十三番目の黄金聖闘士として…
本当に蘇ったのか…

蛇遣座(オピュクス)のオデッセウス!!」




Part85 覚醒の法

白羊宮を守るシオンの前に現れたオデッセウスは、以前の美しいままの姿で、復活していた。

「わたしはまさしく生まれ変わったのだ…
アテナを弑するために…!!」

と、言い切るオデッセウス。

そうしてシオンに、
「わたしにつくか
アテナを守るか」

の問いかけを突きつける。

シオンは、クリスタルウォールでバリヤーを張り、

「いかに大恩ある
あなたとはいえ
わたしはアテナの聖闘士
ここは通さぬ!」

しかし、シオンのクリスタルウォールは、
容易く破られてしまう。

どんな攻撃をしたかと問うシオンに

わたしは攻撃はせぬ
攻めるのではなく
救うことが私の使命

昔からすべての
聖闘士の命を救い

守り抜いて
きたではないか

オデッセウスは答える


聖闘士星矢ND6巻☆


そしてオデッセウスはしかと受け止めたと答えて、
覚醒の法を解き、再び蛇夫宮のヒーリングによって、深い眠りにシオンは落ちていった。


場所は変わって、冥界のアケローン河。




・・・つづく・・・



◆当ウェブログ『聖闘士星矢』関連記事◇

2015.12.13 / 『聖闘士星矢 Next Dimention 冥王神話』遂に動き始めた13番目蛇夫宮と黄金聖闘士の復活!

『聖闘士星矢 Next Dimention 冥王神話』語られていた13の黄金聖闘士と
8/9月乙女座ゴールドセイントのシンクロニシティ∞シジマそしてシャカ宇宙始終の饗宴

 .   
遂に星矢は時空を超えて!!天界編と次元交差に☆聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話19

『聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話』は、天界編との次元交差か!?

★☆2007年は、聖闘士星矢 スピンオ フ2 作品で、シャカ(アスミタ)の秘技が炸裂した年だった★☆

― * ― ∝ ― * ― ☆ ― * ― ф ― * ― ★ ― * ― Ω ― * ― ☆ ― * ―




| 18:32 | SFアニメ | comments(2) | trackbacks(0) |
| 18:32 | - | - | - |
天川貴之 (2017/12/14 6:55 PM)
福沢諭吉のインスピレーションで書いた義塾百話は、慶應大学教授にみとめられて、推薦された。西田幾多郎のインスピレーションで書いた、哲学随想は、西田哲学会の理事に認められて、推薦された。理念哲学講義録と叡智の結晶は、アウレリウスのインスピレーションで書いた。けれども、その根底にあるものは、膨大な知識と経験と何よりも、自己の思索である。自己の思索をもとにして、それを生かすように、それぞれの、哲学者がインスピレーションを与えたのである。故に、その哲学者程度に、歴史にのこるだろう。
天川貴之 (2017/12/14 7:09 PM)
哲学随想の西田幾多郎のインスピレーションが本物であり、福沢諭吉のインスピレーションが本物と認められるのならば、同格の、天御中主神示集も、天照大神のみ言葉も、本物と認められるであろう。特に、哲学的、思想的言霊の美しさは、格別である。格調高い、光の言霊でかかれている。それは、音読すれば、わかる。









url: http://ange2001.jugem.jp/trackback/344