★天使回廊からの夢☆

 
「ただの人間には興味ありません。宇宙人,未来人,異世界人、超能力者がいたら、私のところに来なさい!以上。」
−この21世紀初頭の涼宮ハルヒのメッセージは,地球の意識を先鋭化した形で代弁しており,
形のない光のネットワーク形成を呼びかけていると感じます。
地球はアセンションして新宇宙の無限水平ステージに軌道変容しようとしている。
ハート地球の胎動が聞こえて来,ワクワクドキドキとしませんか☆ 

『緑川玲◇Twitter☆』は、右サイドフリースペース RECOMMEND のすぐ下にあります★

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
自民党は原発推進という闇の牙の本性を、徐々に表してきたようだ▼
公明党との「連立政権合意」が、公明党の「将来的な原発ゼロを目指す」に対しての譲歩か、「…可能な限り原発依存度を減らす」としているが、「原発再稼働は、国際基準に沿った原子力規制委員会の専門的知見の判断による」と含みを持たせているからだ。
・・・・さらに、閣僚の表現のニュアンスが、発足後徐々に変わってきているようにすでにメディアにも指摘されている。
そもそも原発0など端から目指しておらず、闇の本音を隠して、含んだり小出しにして徐々に既成事実に変質させようとしている態度に、戦前戦後の日本をミスリードしてきた汚い政権政党の邪教と同レベルの詭弁トリックなやり方が見え隠れし、悪寒を覚える。
 
こちらは超党派国会議員たちからの脱原発宣言。→
政治家の脱原発が大きな勢力になればすべてが危険な原発は消えるしかないが、現在そうなっていない所に、戦前戦後の日本政治と日本人が神と自然からいかに離れたかを示し、その病巣は滅亡への因子と路線しかないことがわかる。

 安倍氏「原発新設も」 自民総裁 規制委基準満たせば (東京新聞記事)
~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^
−すでに選挙前から本音と建前を巧妙に使い分け、再生可能エネルギーを貶め、「最新の技術をつぎ込み、非常に安全な場所に(新たな原発を)作るのがいいか当然検討すべきだ」などと話していたらしい。
非常に安全な場所とは、どこだ!?
反対する住民の力の弱い過疎町村を新たに探すつもりだろうか? −しかし日本に安全な場所などどこにもないという多くの識者たちの共通見解をこの人は知らないのか? 狭い国土にこれでもかと飽き足らず経済界の欲望と共に性懲りもなく新設しようとする態度は、霊的には滅びを推進し侵攻する魔と映る。−厄災と異自然を本性とした原発の脅威と利権に塗れた美しい国とは、地獄に近い破滅に向かう滅びへの美の断末魔を過程や構造として内包した国のことだ。
さらに既存の原発の再稼働は「国民に選ばれた議員で構成する政府が判断すべきだ」とも述べているらしい。国民投票では反原発・脱原発の勢いと数があることを知っているから、原発肯定議員のみで決めたいという低次エゴの野望が見え見えだ。
単に数の力だけで勝った戦前戦後慢性腐敗利権政党。
核爆弾石原さんに乗っ取られた党や時代遅れの小党除けば、10以上の他党はほぼすべて脱原発。
数の力で時代をねじ曲げて、年月の時計の針を2年以上前に戻した政党に、日本の政策決定の権利はあっても正しさはない。
日本は再び311以前の偽装無知平和洗脳支配状態に少しずつ戻っていくのだろうか・・・・それは、あらゆる意味で、「最悪」の選択で状態だ。
経済よりも、エネルギーや原子力利用の方が、人類にとって比較できないほど根源的な問題なのだ。


脱原発サミット:「推進と対峙する」 自民圧勝で危機感 800人が参加 /茨城 (毎日jp記事)


毎日新聞の記事では、自民圧勝の危機感から、脱原発で廃炉を目指す東海村村長や、脱原発をめざす首長会議世話人の三上市長などが危機感を持って対応していることが記されている。
 
福島の汚染復旧対応は元より、核のゴミや専門家全てが活断層の危険と指摘にも拘らず頑なに自社の利害のみで結果を捩じ曲げようとする時代遅れの電力利権会社。
これらについても何の解決策も持たず棚上げしたままで;;;;
日本は騙し原発推進の闇の世界へと再び後退してゆくのか・・・・




このWeblogでも何度も記事にしていますが、宇宙の法則や進化したスターピープルは昔から原子力の平和利用はあり得ないと伝えつくしている。
真のクリーンな自然宇宙エネルギーは権力者によって地獄の競争経済権力利権独占のためにニコラステラ等と共に葬り去られている。
原子力の「平和利用」は宇宙の原理そのものとしてない。−援助交際や麻薬のような人類を根から腐らせてゆくものと世界や規模は違えど性質は同質と緑川は直観する。
この書では想像を絶する恐るべき「原子力のすべて」「原子の本当の姿」が宇宙の人類よりはるかに進化した英知により明かされている。
人類が「原子力に染まる道」を選んでしまった答と未来。
 
かつて太陽系にあったルシファー/マルデク星は、神に背き禁断の力原子力に手を出し「悪」に落ち、粉々に破壊分解され小惑星帯になった。それら♨原子力よいよい∬悪夢推進者は地球へ転生し、次元科学を否定し進んだ宇宙理論を小馬鹿にしつつ、権力者やその洗脳奴隷として破滅の悪夢の再現をこの世界でも繰り返そうとしている。

原子力がこの地球の中だけでは解決できない理由は、原子の意図的な破壊は、実は様々な星々や色々な世界、無限の場所に通じる門を開くことになり、宇宙の他の星々や色々な世界に様々な悪影響を及ぼしてゆくからだ。少し心ある地球人は自然の汚染は考え認めるが、その汚染破壊が同等に、宇宙にまで次元を超えて繋がっていることはわからない。
 
原子たちは非局在性の宇宙の海では一つに繋がって遍満している一つのものだという宇宙の全体法則さえも知らない。原子の本質は3次元のものではないので、どれだけ離れていても、4次元以降では一瞬にして通じ、共振し、調和や不調和の波動を伝えている。
それにより原子力などのカルマに塗れた同質の星や太陽系へと、人工的不自然で破滅的な原子破壊力がゲートとして原子の次元宇宙を通じて繋がり、この世界の原子力破壊カルマを宇宙へ実体と共に伝染し、また知らないゲートで通じた外宇宙からそれらのカルマをこの世界の原子核集合体として受けてしまう事になる。−原子はすべての働きや属性を宇宙中で伝播しているから当たり前のことだ。
この原子次元を通じた科学的作用が、「原子の内部に手をつける事は、神の定めた一つの遊星、魂の進化の場の秩序を根本的に乱す事。」となり、これが「原子の破壊は悪魔の力」と言われるゆえんなのだ。
 
地球人類の科学は、ようやく多次元を推測し、それを乱暴な素粒子衝突という方法で実験しようとしているレベルなので、これらの宇宙の科学法則はまだ解明されていない。しかし一部の進んだニューサイエンスでは、宇宙を一つの意志と生命体として捉えているので、これは昔から予測されていたことでもある。
・・・・またそんなこともわからない霊的宗教や霊言は、極めて非科学的であり、それらに巣食う俗霊は宇宙の法則が全く分かっておらず、真の天の理にはほとんど通じていないということだ。主観的な自分にとっての都合でしかない愛を言葉だけで連呼して相手を裁いても誘導してもダメなんだ!そんな押し売りの愛は法則から外れている偽善だからだ。
 
今こそ進化した光の宇宙存在の警告を人類は最悪へと間違わないために真摯に誠実に耳を傾け受け取ることだ。
方向転換しない限り光の未来はこの宇宙で認められていないのだから。
このままの精神の幼い人類が原子を幼稚な技術で破壊し続けて出る人口放射線により自然の場を汚染し、危険な核のゴミばかりを作ってゆく無知なる愚行を続ける果てには、かつて同じようなことをし続け揚句は破滅した第五惑星と同じ、取り返しのつかない闇の道を再び辿ることになる。現在の時節がそうならない最後の機会になっている。
2012そして2013。2013中に間違った方針への心と対応を入れ替えて変わらなければ、冒頭の闇への道のみ大きく開いてゆくことになるだろう。

 
−−−普遍的な関連記事です−−−
― * ― ∝ ― * ― ☆ ― * ― ф ― * ― ★ ― * ― Ω ― * ― ☆ ― * ―

宇宙と地球、自然からの核分裂に対する警告は半世紀前から始まっていた☆ ('11/05/16)

「地球が静止する日」は宇宙文明から地球人類への警告 ('10/4/05)

「脱 原発」は、心ある人たちの民意であり、天意であり自然の意でもある。 ('12/07/21)

電力会社と政府は反対する人の割合をごまかさず直視し、原発という悪魔の利権から逃れなければ日本の未来は来ないことを知れ! ('12/07/17)

― * ― ∝ ― * ― ☆ ― * ― ф ― * ― ★ ― * ― Ω ― * ― ☆ ― * ―

 さようなら原発1000万人アクション


 
| 16:13 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
自民党が政権に返り咲くと、原発官産学複合体の化け物は再び力を付け、民主党他の努力してきた原発20年後0目標は水泡に消える。
そして再び201X年、アセンションしていない多くの人の住み続ける世界最多の活断層ある地震頻発列島日本において、原発は日々恐れと不安を撒き散らし、いずれ自然界(人もその一部)からの反発による人災が発生する。
なぜなら、宇宙が、自然が、神々が、原発という原子破壊原理の宇宙の法則に反した異物を認めていないからだ。
 
野田氏も「2030年代には原発稼働0」目標を決めた秋口より少しずつ力を付け、民主党は自民党の亡霊利権に対する抵抗力を少しずつ付けてきた。
それに原発の嫌いな家族の生活を大切にする公明党、ロシアとのパイプのある新党大地、みんなの党、日本未来の党、新党日本、新党改革、社民党、共産党、が大きく脱原発政策については協力し一つになり、脱原発と共に自然エネルギー開発を大きく強く推進しすれば、雇用は何十万単位で新たに生み出され、日本はエネルギー的にようやく新しいステージに上がることができる。それが日本がいちばんよくなるビジョンによる計画なのだ。
現に約一年の期間、日本は原発なしで省エネもったいないの精神と工夫で大震災以降乗り越えて来ているのだ。その間国は余裕なく、意図的に自然エネルギー開発に力を入れていなかっただけなのだ。
 
あれだけの原発の人災が発生し、今なお十数万の放射線避難がいつ終わるともなくこの日本で現実化している中、原発をアメリカなどの言いなりに半世紀前よりごり押しで推進してきた自民党に入れようとする人の精神の健全さを、私は全く理解できない。
原発推進自民党そして核保持防御に言及した石原に譲歩して脱原発を言わなくなった豹変維新の会などに入れることは、日本をこれ以上正常でまともな世界にしたくなく、偽りの騙しの安定と挑発的強さを求める日本人としての人間の、闇の集合意識の間違った本性と言える。
 
戦後何十年日本を強者に甘く弱者を顧みず物質的にのみ豊かにさせてきた政権に戻ることは、日本の現在の問題は今後何十年も何も根本的に変わらないことを意味している。
同じ日本人の何十万の人が、今も放射線リスクと戦って危ない土地で不安な避難先や仮設で生き続けている。親戚や知り合いがいなければ赤の他人ごと・・・そんな人としての心を忘れた多くの日本人に、本当に神々や自然と宇宙は、今度こそ本当に愛想を尽かし、そうなれば地上はさらに地獄に近い幽界の波動に覆われ続けてゆくだけかもしれない。
・・・・多くの日本人は一時は原発要らないを表明しながら、今なお偽りの権力に騙され利用され続けているということだ…・
心ある日本人は早くそのからくりと真実に気付かなければいけない。
原発が嫌で自民党や維新を推す人は、精神と行動が完全に分裂しているということに・・・・

 

現代ビジネス ニュースの真相
−12政党の脱原発の具体的な指針・施策がよく理解できます♪
12政党乱立で百家争鳴の「脱原発」シナリオ。本気で取り組もうとしているのはいったいどこだ!?

当ウェブログ普遍記事
「脱原発」は、心ある人たちの民意であり、天意であり自然の意でもある。

電力会社と政府は反対する人の割合をごまかさず直視し、原発という悪魔の利権から逃れなければ日本の未来は来ないことを知れ!
 
 
原発しぐれ(都はるみ『大阪しぐれ』の替え歌)

こんなのがまたちょいちょい起きたって知らないよ!!!!
原発推進党入れた方が、原発なくならないので事故起きる可能性上がるのだけは確か・・・・


もうすぐアウトですねぇ(キャンディーズの「春一番」の替え歌)

そう・・・・自民党政権なったら脱原発アウトですねぇ・・・・どんどん再稼働して逆戻りします@@
またいつどこで起こるのか・・・・こわいですねぇ@@@@


原発反対の歌. By Vocaloid Hatsune Miku. The Song to Object to Nuclear Power
     
原発推進すると、明日がない明日がない、明日が来なくなる・・・・無明の原発輪廻が続く・・・・

原発に未来なし Vocaloid3 Hatsune Miku dark
          
日本は戦後、原発を押し付けられ、こんな地震大国に54基も作られた。過去を清算して、真のよりよき日本を創るためには、新しいエネルギー開発と運用に力を入れて、速やかに生まれ変わることしかない。
原発さん、これまでありがとうございました。でももう21世紀、あなたの使命は終わりました。安らかに解体されてお眠りください。南無宇宙自然地球の意志○

| 12:30 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
人の意識が堕落したら大きな地震は起こる。ここ日本では。
日本は新世界のリーダーになる使命を課されているので、崩壊して堕落した日本と日本人を、宇宙存在や神々は、他国のようにさじを投げてほおっておくことはないからだ。

今年の初めには、まるで何かの合図のようなM7の地震が、日本国土を軽く揺るがした。元旦に日本国の海域でM7が起こったことがあるのか昔の時代は知らないが、ここ近年の何十年では聞いたことがない。
 
それは神々の日本国民に対する、油断したり甘えてはいけない。
心身をしっかり引き締めて、世界のリーダー国たる日本国民としてふさわしく2012の大転換年を迎えその真義をできるならば自らの問題として理解して気づいて乗り越えよというメッセージだった。

どうやら相克界である霊的世界とその指導を受けているごく少数の人間たちには、二つの勢力が存在するようだ。
 
大地震を早く起こして、大災害により人の苦難により試練に合わせて世界と日本を次のステージに歩ませようとしている勢力、
それに対抗して、宇宙の最重要人物たちが転生している日本を、できるだけ大災害の艱難辛苦に合わせずソフトに地震が起きても分散させて、最大でM7震度5〜6程度で、致命的な事故災害を起こらないように日本を次のステージへと誘おうとしている勢力だ。
 
日本の国土にはさまざまな結界が張られている。
決壊が消えれば溜まっていた膿が出るとか地震がストレートに起こると言われるが、結界は一種類ではなく、二重三重どころでもなく、聖域サンクチュアリのように、十重二十重に張られている。

日本という神国で法土は、千年以上前から、様々な聖者やその弟子たちが、連綿と、張られた結界を更に強くしたり、メンテナンスしたりしている。
よく能力者が結界を張ったとか解放したとかいうのは、その能力者の感知できた種類のものにすぎないと思われる。
能力者の見えない次元にも何重もの結界が高いところから低い所までいろいろなタイプで張られている。
それらをすべて勝手に解放するようなことは、地上の能力者にはできないし、大神や日本の国土の主宰神の意図がないとできない。

よって、何十代前の聖者から連綿と継がれてきた法灯同様結界は、簡単に一能力者がどうこうできるものではない。
 
日本の多くの地域は、本当に神々精霊や宇宙の天使たちに手厚く守られている。
よって、東京や首都直下型は、単なるプレートや活断層の地震学ではいつ起こっても不思議ではないが、多くの力ある能力者が日々守り過去からの最大規模の結界が張られているため、そう簡単に起こらない仕組みになっているようだ。

ちなみに新興宗教の世界では、世界平和の祈りは、過去何度かの日本の国難を救ってきたようだ。
五井先生は予言が嫌いだ。真の神々は、魑魅魍魎を語らない。
世界平和の祈りは、富士などの日本にいくつもある山のピラミッドに共振して、フラクタル的に弾力性のある平和な磁場を構成する。
そして祈りの霊光弾が日本を包めば、そこは調和した安寧の世界となる。−それも最大の日本への平和の愛の祈りによる最大の結界の一つだろう。

その逆に、闇の存在は、起こりもしない天変地異や4流国の脅しを魔に受けたり要人の暗殺や死を喧伝して、不安を煽り恐怖で縛り信者たちを支配している。
4流国は、せいぜい恫喝の出来損ない非廠体をデモンストレーションしたり、島の接続水域をぐるぐる回る程度しかできない。侵攻や支配などは絶対にできないような神仕組みになっている。
また確かに1999に予定されていた二千年紀終わりの大浄化は、宇宙の英知により変更された。

またコスミック・スピリチュアルな世界では、白峰氏などはこれらの裏の裏を知っており、日本の霊的価値と守護の素晴らしさを語っている。
一部共通点のあるKagari ∞ Kazuki 氏は、本来は地震を起こしたい勢力ではないが、なぜか2011途中より東日本大震災より大きなものが来ると喧伝していた。
その可能性は確かに2011前半に戻るにつれ強くあったが、いずれの要素も宇宙の英知とそれを体現した人々の働きや結界より、泡沫の如く消え、巨大地震の発生は当面は起こらなくなったと私は感じている。

光明『2013年からムー大陸の再浮上が始まります』を読み、Kagari ∞ Kazuki氏の昨年の内容と共に意識のあり方を考えました◇



五井野正氏は、小説で警告しつつも、小説では火山爆発がメインで大地震も火山爆発もごく一部しか起こしていない。そこに彼なりの神計りの意図が隠されていたのだろう。

12/7 17:18に3/11の震源よりもさらに東の三陸沖を震源とするM7.3のアウターライズは、
今年最後の警告であり、冒頭に記したように、いかに日本は神々や結界に見護られていようとも、人心がさらに悪く低位自我の奴隷となる人間が増え続けると、いかに守っていても浄化のための警告としての大地震はいつでも起こってしまうということを告げていると感じられる。
その意味ではこれからも決して安心はできないのだ。

日本人の和と和みと素直で礼儀ある精神が復活し、日本が真に神の子の人として精神的リーダー足り得る資質を持てば、あまり天変地異は多くないようになるだろう。最低限の地場と国土の調整としては起こっても。それと大きくかけ離れていつまでも暗黒の方向に引かれ続ければ、警告と試練としての大地震は今後も起こり得ると告げているように感じる。

日本人としての資質が今、神々や宇宙や地球から問われ、この存在全体のステージの大変化の時代に、果たしてどうなるのかと注目され続けている。
気を引き締めて、自らの心と行いをいつも低位自我ではなく、天のハイヤーセルフからトレースし続ける勇気と陽気が必要だ。
地震が少なくなっていると安心せず、もう一度肝に銘じる必要を、心あるニュースキャスターも語っていた。 
 
 
かんなぎED 【産巣日の時】 歌 初音ミク

 
3/12 私は地球のアセンションを確信した。


| 21:09 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨年大地震が起こって原発から多量の放射能が漏れて東日本がパニックになっていた時期…ある火山学者のサイトでは面妖な投稿があった。
細かくは忘れたが放射濃度発表ははすでに国や自治体が役所のやり方で行っているのだから、学者とは言え個人の先生が放射能汚染マップなど勝手に作らないでください。風評被害が出たら訴えますよ、どうしてくれるんだ、3年後5年後何も問題なければ許しません・・・・というとてもヒステリックな異様な内容だった。
多分騒がれていた汚染スポットに近いどこかの自治体の関係者かその利益を得ている一員なのだろう。

そんなことをずうずうしく指摘するなら、国や自治体議員に働きかけて、「個人が放射線量をかってに計ってはいけない」という法律を作ればよいのだ。
億一できれば、それは時代錯誤の視界を暗くするまさに国民家畜管理法そのものであり、日本は先進国のメディアや政府から大批判され、日本は鎖国全体主義国家に後退したと言われるのが落ちだろう。


また民間人のブログでもたまに聞く話だが、放射線量を近くの公園などで計っていると、市の関係者がやってきて計らないよう注意されたとか・・・・。理由は、周辺住民を不安にするとか、きわめて主観的で感情的な、公的機関に最もふさわしくない思い込み詭弁を言い放つ自治体関係者もいたそうだ。

放射線量が出鱈目だったり細かく公開しなかったりいい加減だから、自分自身の腕で気になるところを計る、自治体の発表がいい加減で大雑把で近くの情報はなく不安だから。−これこそ、市民として同感できる理由である。

自治体職員が周辺住民が不安になるから計るなやめろと言うのは、なんの法律にも基づかない権力の乱用で住民への圧迫・圧力・圧政以外の何ものでもない。

ごく最近もある方のツイッターで似た話があった。これは自治体ではなく近所の意識の遅れたママ友のつまらぬ井戸端らしいが、その中に原発肯定、放射能無視の組織に勤める夫がいたのか、単に意識が遅れているだけなのかわからないが、いずれにせよ、放射線量の不安や危険の話をしてそのような話をすること自体に同意しなかったり眉をひそめる態度を取られたということだった。これは、明らかに危機意識の欠如か、魔女狩りよろしく都合の悪いことは無視という、日本に昔からある悪しき差別助長の闇でしかない。

「放射能ないない。放射能恐くない。」とノー天気に無視していたら、いずれ大きなとばっちりを受けても、実際なんらかの被害受けていても気付かなかったりするだろう。

現実に何も問題は起こってないんだから、子供も家族も病気になってないしヘンな症状も出ていないし、311以前と同じように生活できてるんだから・・・・そんなこと言って不安にさせないでほしい・・・・と言う人は、自らの無知と未来の展望のなさを恥も臆面もなく晒しているのだ。
嫌なことを忘れたいのは人間心理で分かるが、これは決して忘れても注意を怠ってもいけないことなのだ!!
それがわからないのだったら、本当に社会人、国民として恥ずかしく、政府やマスコミ、メディアと自治体に完全に支配管理されているだけの実験家畜と同等の人間ということになる。

それは失礼やわぁとか逆上したり、失礼ねとかわいく怒るようであれば、注意深い人間へと改善する見込みはほぼないだろう。そういうレベルの人と関わってもこちらが悪影響受けて鈍感な家畜になるだけだ。

いろんな問題が出て、政府も自治体も細かい所や身近な所までなかなか調べることができないから、身近で不安に思われるところは自分で調べてできる限りで確かめている。そして高い値が何度やっても出たら大きく声を上げ助けを求める。−これが、聡明な人間の態度であります。そのような一般市民の計測から見つかった高線量のホットスポットは、それはそれは何十か所もあります。地方のニュースに上がるのは、そのうちのほんのごく一部らしいです。

調べもしないで偽りの安心と安全の思い込み、刷り込みは、メディアと政府と御用学者の今も昔から変わらぬ国民騙しの常套手段に乗せられているだけではないですか。気付きませんか? こんな簡単なことに!

国民がもっと聡明に疑い深くなれば、組織もいい加減なこと言って逃れることはできなくなるのです。これは当然の理屈で原理です。

放射能を隠そうとする人々とは、真理を隠そうとする人々…つまり、UFOの存在や、天使の存在や、火星や月などでの異星人基地や遺跡などの存在を隠そうとする人々と、とてもよく似ている感じがする。


今後、放射線測定器を持っているだけで、組織の対応は持っている人といない人では微妙に変わってくるのではないかと不安に思っている。いや、すでに最初から違っていたのかな? 門前払いと出向いて計るなど…・(~~;;;;
放射線測定器を持っている人は、容易に適当な言葉を並べて騙せないからだ。嘘をついてもすぐばれることもある。
しかし持っていない人であれば、図る場所をずうずうしく細かく指定し詰め寄らない限り、適当に計って他は無視して逃れることができる。

そのような意味で、組織に適当にあしらわれない為には、放射線測定器はどのようなものであれ、持っていないよりは持っている方が完璧ではなくもマシであり、より見下しなめられにくくなると時代になってくるのではないかと恐れている。
時計は紹介しているが、今度ソフトバンクから世界初の放射線測定機能内蔵のスマートフォンが出たではないか。
これが企画された時も、上述のような不安がどうのこうのという本末転倒したヘンな意見があったらしい。
私もこれはほしいのだが、近くの進んだ家族は親子で専用の測定器で計っている時代だ。とても意識の進んだ親子だと思い感心したが、放射能測定はすでに日本国民の最低限の居住環境認識手段になろうとしている気がする。怖いが現実問題になってしまった。
よって大震災放射能漏れ以降に少しでも濃度の上がった地域とその近県(東北と関東一円)は、汚染スポットでない地域でももちろん、またさらに全国にある原発や核処理施設の数十キロ圏内やそれ以上でも風下に住んでいる人々は、今後些細な事故!?や環境変化により知らない間に通常値が変わってくる可能性はずっとあり続けるので、できれば持っていて日々確認しておき、いざという変事に備えた方がいい。

そのような地域では、持っていて知識ある人の方が、持っていない、また知識ない人より、確実に一歩二歩か先に進んだ行動をとることができるからだ。
もちろん持ってない、知識ない人も行動はとれるが、それはいつも先の人や周囲の後追いになってしまう。


そういう生活の急変に気を付け備えて、放射線量を住民が自主的・能動的・主体的に計り話題に落とし考えることこそが、国や自治体などの権力組織体の管理や騙しに抵抗できる賢明で科学的な方法である。
その真実を多くの住民の方には気付いてもらいたい。


私たちは、UFO問題にしても、知る必要のある国家機密にしても、政府が秘匿して知らないままで飼い慣らしていこうと知的家畜同様の扱いを受けているのです。昔から。アメリカも日本政府の裏の権力者も、UFOの存在も、核戦争時の避難脱出優先順位も秘密の核シェルターも、新エネルギーや核製造の秘密もみんな答えを知っているのです。
知らないのは私たち99.99999%以上の一般市民のみ。
しかし一部のジャーナリストたちは、命を懸けてそれらの真相を知っている、そして勇気を持って公開しているのです。
五井野正氏もそうですし、ザ・フナイの執筆陣もそうですし、中丸薫氏もサアラ氏もかなりのところまで知っています。

いずれにせよ住民は何も知らされないでメディアを使って管理されている。
住民は少しずつ偉くなって、国や自治体にうまく騙され丸め込まれないように気を付けなければいけない。
住民のレベルが上がれば、政府も秘密を公開せざるを得なくなっていくからです。

放射線測定器など必要ない人には必要ないが、いざ自治体や権力体と対峙した時に、細かくずっと調べているのだが・・・とか言えば、対応に差が出てくる可能性があるのは、面白くないが今後の事実だと予測しています。
もちろん相手がレベルの低い職員だったら、単に反発だけしかされないこともあるかもしれませんが・・・。そうでなければ細かく対応しなければこいつは適当では後で何か言われるかも・・・とより真剣に細かく対応してくれる場合もあるでしょう。

放射能は、煙や黄砂のように目に見えません。ガスのように匂いもしません。
気温や湿度のように肌で感じ対策することもできません。
だから、測定器できちんと計るしかないのです。
放射線を測定器で計るのは、人間の知的行動で進んだ智恵の結果です。それは、役所や機関任せにすべきものではありません。
誰でも、可能性ある脅威に対して、自分の行動で調べる権利は持っています。
それを非難し妨害する人々は、事実を知りたくない人々や、住民に知識を持ってほしくない側の人々です。

放射線を自ら計ろうとする人たちは、少なくとも問題意識や危機対策管理能力を持った人々です。目に見え感じられない危険を積極的に知ろうとする、進んだ人々です。
それらを批判する愚民や闇の体制者だけにはならないよう、良識ある国民に望みます。

国民の多くがこのような問題と危機意識と放射線知識を持ち主体的になれば、政府や進んだ自治体の対応も情報公開も、今よりはより正確に真摯に、国民向けに変わるでしょう。これまでのように適当にうまく詭弁で言い繕い管理できなくなるのですから!!!




| 10:13 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
「脱原発」は、心ある人たちの民意であり、天意であり自然の意でもある。
それのわからない人は、経済社会だけにしか通じない不自然な異質力の支配を受けている。
「原発推進」は電力不足ではなく、裏の指示による[核兵器転用いつでも用意OK]という裏があることを国民は知らなければならない。

「脱原発」あなたの心が天の偽りでない神霊意識に通じているのであれば、その路線を進まざるを得ない。
何もしないで他人任せにして、改善はしないし、あなたは何もできない人になってしまう。
今こそ、長いものにまかれるだけの生き方から脱し、日本人は一人一人が心の内なる声を上げる犢堝悪瓩求められている。

原発を肯定し、揚句は核爆弾を準備せよと仄めかすのは、昔から政党作って日本で最も悪名高い過激宗教生死不明偽仏と、その組織を真似し規模を羨望しつつ途中で見事に最低に転落し顔相も悪辣に変わった操り人形時代遅れのガリ勉教祖の重苦しい阿修羅闘争と弱者恫喝続けるスキャンダル団体のみ。

他無数の多くのまともで正常で平和的な既成宗教や意識の進んだスピリチュアリストたち、さらに進化した多種類のスペース・ピープル/スター・ピープルは、すべからく異口同音に、原発の存在そのものを昔から否定している。
ほんのごく一例として、『世界平和の祈り』を地上に降ろした五井昌久師の詩より


日本人よ今こそ起(た)て

日本よ日本人よ今こそ起たねばならぬ
今日起たねばいつ起つ時があるのか
日本よ日本人よ今こそ起たねばならぬ
だが日本は剣を持って起つのではない
一億の心を一つに
平和の祈りをもって起つのだ

日本は核爆弾の洗礼を受けた唯一の国
真実平和を絶叫できる唯一の国だ
何者だ今頃になって武器を持とうと言うのは
剣をもって防ぎ得るのは一時のこと
永遠の平和は剣を持つ手に来ることはない

日本の天命は大和(だいわ)の精神(こころ)を海外に示すにあるのだ
日本は今こそ世界平和の祈りによってのみ起ち得る
世界平和の祈りは
大救世主の光り輝く言葉だ
救世の大光明は日本国の平和の祈りに結ばれて
地球の隅々にまでその光明を顕現するのだ


サラリーマンの家庭から
農家の主婦の心から
機械に躍る職場から
世界平和の祈りは光りとなって
世界中にひろがってゆくのだ


祈りには自我を超えた力がある。祈りの言霊によって神霊に繋がる。
−この精神のわからない人は良い人ではあっても日本人とは個人的には思わないし、宗教における平和への実現の道について何をも知らない人だ。

世界平和の祈りは、大救世主の救世の大光明でその場を照らす。
それはもちろん個霊のことではないし、人格神のことでもない残念でした。
救世の大光明とは、隷幻転剰界のことではなく、聖白色同胞団の一人一人の光の融合帯のことである。
「ここが中心です」とかの子供騙しや、偽りの闇の聖者化け魔言から最も遠い世界にある光集積。


「脱原発」は、地球と自然と人間の心の底からの本来の願い。
それのわからない政治家は、早晩退陣せざるを得なくなる。

自然エネルギーを積極的に研究・提案する菅直人元首相も、変質に見切りをつけ「脱原発」を政策の一つとして新会派を結成した小沢一郎元代表も、スペース・ピープルの魂鳩山由紀夫元首相も、すべて「脱原発」。

民主党「脱原発を考える会」の世話人の一人を務める菅直人前首相らは、2012年6月27日、「脱原発ロードマップ第一次提言」をすでに発表している。
「脱原発を考える会」は、70名以上の民主党衆参国会議員が参加し賛同している。
また超党派の「原発ゼロの会」も、「原発危険度ランキング」を6月28日にすでに発表し、危険度により24基の「即時廃炉」と「順次廃炉」26基を求めている。
それらの動きがぜひ超党派で融和し拡大して、心ある政治家たちの世界からも「脱原発」の流れは大きく広がり、加速していってもらいたいものだ。

その流れの実現を強く集合意識に願い、心ある人たちは強く認めて応援する必要がある。

そうしないと、地球も自然も神々も人間も、最終的には文明は失敗し不幸になるということだ。その地球と文明の滅亡と汚染を、闇の残存勢力は、狂った低劣霊言教や原発カルト利権組織に闇の念波で操り扇動しているということだ。
原発を核兵器に転用できる技術は日本は当然持っており、闇とその奴隷は[いつでも転用できる恐怖物質を生産できる破滅への箱:原発]を稼働させ続け、いつかは破滅させたいと、うずうずして蠢いている
ということを、賢明な人たちは、とっくに気付いている。
教科書とTVと新聞の表面だけを政治や国際・社会の真実とずっと信じ込まされ、体制権威の奴隷と化されて自民・公明・現変質民主党の上っ面だけの権力演説に賛成してきた皆さんは、もう少し社会や政治・国際の闇の流れの奥に潜む驚愕の本音・事実という裏を、学び知る必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
核兵器と原発は一卵性双生児 −PRESIDENT ONLINE
戦後の極秘文書が語る「原発推進のウラ事情」【1】

核兵器の英訳は“nuclearweapons”で、原子力の英訳は“nuclearpower”――まったく同根のはずのこの両者を、いつの間にか日本人は別物と思い込んでいた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ原発は推進されるのか −原子力教育を考える会
(理由5)原子力技術を持っていればいつでも核兵器をつくることができるから


−かなり詳しく核燃料製造がいろんな方法で国内のいろいろな原発以外の公にされていない原子力施設等でできることが説明されています。
そんなこと絶対にやるわけないというのは、人(国防の秘密を知った隊員や政治家の秘密を知る者)を殺しても何をやってもニュースにできない合法組織は日本に複数あることを知らない人だけで、ニュースにならずに裏で権力が動けばなんでも可能なのです。日本の政治の裏を暴く民間ジャーナリズムは命がけだ。彼らをなめてはいけない。閣議決定以外のことでどれだけのことが行われ動いているか、一般市民は全く何もなんにも知らされていないのが事実であり真実・・・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原発=核兵器工場」説を検証する −日経ビジネス
国家にとっては軍事戦略的な意味がある


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ「脱原発」か −原子力資料情報室(CNIC)
核兵器の製造・使用につながる危険性


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新版「原子力戦隊スイシンジャー」


小出教授の受け答えは重みがある。
それは、現実を直視しているからだ。
長年の研究で、放射能の問題や生活経済に及ぼすリスクをわかっているからこそ言える発言で、利権が背後にないからこそ真実が言えるのだ。
ぜひ見て原発人災事故と汚染の危険性を知ってほしい。
小出先生、なんと最後には電力・経産・マスコミの策略により、冤罪で逮捕されます。偽りの日本の『原発教推進』という利権の発する猖皚疆戮深まれば、あり得ないとも限りません。
そのためにも『原発推進反対』の天意・自然意・地球意・宇宙意に沿った人たちは、その思いを一人一人のできる方法で発信する必要があります。











世界初のヘヴィメタルソング The BEATLESの1967? 「ヘルタースケルター」の替え歌で、
「このところの東京電力と政府の甚だしい国民への裏切り行為は許しがたく、思わず反原発ソングを作ってしまいました。原発村の悪党どもは戦後まもなくからずーっとこの国の­利権をむさぼり、金の亡者に成り下がり、国民の血税を容赦なく無駄遣いしていたことを、今更よーく調べ知った事を、今更ながら自ら恥じています。」
「この曲はビートルズの「ヘルタースケルター」を自分なりに忠実に再現し(ギターはだいぶ違いますが)、日本語詩をのせました。」とのことで、よくできていると思います。初音ミクの個性のファンの私は、なにかを感じました。


脱原発ソング 『原発なんていらない! 〜No More 原発〜』 動画版


よくできています。
心ある人々の自然な声と行動です。
過激な反対ではなく日本の静かで自然と調和した奥底からの真実の波のようなうねりの声です。

自然の理の中にない人工危険放射能は、即退散!!!!
原発稼働を容認することは、核配備容認することに繋がることを知れ!!!!

タカ派!!!! 自民党!!!! そこには大東亜共栄圏の他民族暴力支配の悪夢を日本の繁栄と錯覚したままの妄念の亡霊が地獄から這い出て右世悪倚蠢いている。

聖徳太子を亡き者にして西洋礼賛福沢が出てきて日本の要はすでに破壊されている。。。。

さようなら原発1000万人アクション



| 14:26 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |

 7/16 日中は、有志たちによるとても平和的で穏やかな原発反対デモがこれまででも最大規模で行われた。
暑い中近くから、また遠く他県から参加された17万の人たちには、心から労いの感謝をささげたい。私も参加したかったが諸事情で行けず、TV等でこの光景を見悔しく思った。


関連して気づいたことを少し記しておきたい。


主催者発表では17万で、警備や規制した警視庁発表では7万5千・・・・
この・・・・とんでもない違いはどこから来るのだろうか・・・・


以前のデモ時も、半分ほどの違いがあった。
今回は、立場によって、9万以上の違いがあるということになる。


みなさんは9万という数字がどれほどのものかお分かりだろうか・・・。
プロ野球の大球場の最大収容人数、Jリーグのグラウンドの最大収容人数が6〜7万なのである。
それだけの観客ごっそりプラス2〜3万が、異なっているということ。
不審でおかしいとふつうは思うだろう。


多くの人が考えるようなことを一々書く気はないが、体制・権力・規制側の警視庁は、もう少し現実の数を真面目に受け止めて調べる必要があるということだ。
暑い中人が多ければ多いほどたいへんで仕事が増える程度にしか考えていないのではあるまいか。


主催者側はもともと10万人大集会と呼びかけていたので、警視庁は9万とか8万とか発表すれば実際は10万行ってたなとすぐ思われるのが嫌なので、7万5千程度にしたのではと推測する。


気象庁発表で都心が32℃の暑さであったということは、実際のビル街、道路や歩道は最低3℃以上、場合によっては5℃以上暑くて、少なくとも35℃超えているというのは、日本の温度目安の常識である。
よってもし暑さがもう少し和らいでいれば、さらに数万の人出があっただろう。


主催者発表で17万ということは、どんなに少なくとも10万以上は来ていたと推測できる。


数に拘るというよりも、反対する行動者は実際それだけ真夏の猛暑の昼間に都内はもとより周辺県より多数集まってくるということは、集まらない潜在的な反対者は、想像以上に多いということが予想できる。
その現実に、政府や権力は向き合っていないということだ。
向き合っていないという態度は、国民の声を聞いていないということであり、聞いてもせいぜいうるさい雑音程度にしか聞けていないということである。
それはもちろん聞いたということにはならない。。。。


ノーベル賞作家で名文学を多く発表している大江健三郎氏や公害ジャーナリストで偽りの重版や講義の文章化でなく100冊以上の著作のある鎌田慧氏、世界的音楽家坂本龍一氏などが語っていた通り、


「命を犠牲にし、生命を脅かす電気は要らない」ということ。
「780万の原発反対の署名を官邸に手渡した翌日に覆威原発再稼働を決定した。
これは、国民への侮辱ではないか。」
と。


━私も全くその通りに思い、感じる。


今の内閣は、官僚や裏の権力の奴隷内閣である。
小市民的な権力に従うしかできない政治家が首相になったのは、日本の悲劇でしかない。
このままこの路線で突っ走っていくと、民主党は第二自民党そのものと化したため、日本の真の国体はさらに汚れ真実はさらに覆い隠され日本の霊的状態はさらに下降する。

それは、正しく日本の霊的神界と繋がりあるいは直観を受けている人なら感じ取っている恐怖のすぐ先にある現実だ。
たとえ脅されても日本の国の正しい在り方と神々を信じて進んでいくのが日本の政治家であり首相である。
それが日本の神々と繋がって正しく進んでいるということになるのだから。
多くのスピリチャアラー、正しい宗教指導者や霊能者は、原発の脅威を危険視し、反対している。そうでない一般の自然に意識がつながっている人もそうしている。
理屈や利害やお金の問題ではない、原発という本来世界にも日本にもあってはならない異物が、この狭い国土に50器以上もこの世界の物ではないような異様な人を拒絶したような風体をさらして据えられているという異常事態に、魂が危険信号を発しているのだ。自然も脅威に思っていて、それを受けているのだ。
理屈や利害やお金以前に、生命と精神を危険にさらすものとして、人を含む自然界や神々は原発を見ている。

原発を肯定しさらには核爆弾を作ることを歴史上の偉人に成りすまし複数で唆す存在は、それだけで牋魔瓩噺破ることができなければその信者は今世失格で、魂を魔に空け渡した教祖と教団に洗脳されたまま、教祖と共に死後はよくて地獄界、通常は魔界にしか行けない。早く原発肯定し核兵器を唆す偽の聖者を装った悪魔の霊言支配から逃げ出すことだ。
そこの霊言は、早速最早、すべて低俗な偽物だ。偽物の特徴は、細かな保身言い訳にとても長けていて、誠意や真摯さ、謙虚は一切なく下劣でまるで魔のような攻撃性で、かつての家族や弟子を執拗に組織全体で排斥・誹謗攻撃する異常性、それを指摘すると一見もっともらしい真実からかけ離れた言葉のロジックを駆使した狂信見下し目線の詭弁言い訳を延々と続けることだ。そんな腐った組織体にもはやなんの真実もない。信者は早く汚らしい小さな正義の遠吠えと阿修羅の組織による弱者脅迫の兵隊、番犬支配より逃れ、頭を冷やしてまず隔離した場所で静かに本当の自分を取り戻してゆくことだ。


                    

さらに同時にCMもせず、国民一人一人に通知もせずに知らない間に開かれた欺瞞の30年後の原発比率調査。
・・・・こちらも茶番と懲りない詭弁ショーに満ち満ちている。

0%か15%か20-25%かだって!?!?!?
この三択がすでに茶番であり、内閣はすでに20-25%そうでなくても15%を取るように仕掛けられている。
そもそも日本国民の65%から80%の人々は、原発要らないと言っている。
アンケートによってもちろん異なるが、それでも最低2/3の人々=半分プラス以上の人々は原発をイヤだ! 怖い! 不要と答えているのだ。

だのに0%か15%か20-25%かという選択は、そもそも民意を全然反映していない。
最初から要るいらないの比率をひっくり返して聞いているではないか!!!
小役人も姑息なやり方思いつくね!
最低2/3の人々が否定しているのに、いらない0%を1/3にして、最初から操作して意図が見え見えの偽りの意見聴取ではないか!


━すでに黒い権力(利権自衛産業学閥官僚複合体)の奴隷的内閣は、意見の前から結果を決めているのだ。
こんな毒茶番に騙されてはいけない。


また、20-25%に電力社員やOBが入っていたという事実。博報堂の言うように公平なくじで当選したのかもしれない。
ということは、反原発封殺に躍起になっている電力会社社員が大挙して応募し、もはや一般の少ない原発容認者より原電会社員の方が応募が目立っていた。という事実が読み取れる。
とすれば、原電会社だけが躍起になっており半分以上の確率で当選することは十分あり得ますね。
過去そういった原発是非関連の討論会集会では、組織的に根回しし我先に手を挙げ原発肯定を発言することには長年のノウハウと前科があり、とても長けてますからね。
原発電力会社員が簡単に当選できるほど多く応募して、一般からの肯定への応募を圧倒していたというのが、事実のような気がしますよ(^^;;;;


その一人の中電の原子力部門の管理社員の発言は、久々に吐き気がするほど胸が気持ち悪くなった。
まさに『原発カルト教』と言っていい、原発の狂信盲信発言は、多くの日本国民を愚弄し、何万以上の原発被害者をコケにし無視するかのような下らない愚かな真実を拒絶した発言だった。


「福島の原発の直接被害で死んだ人は一人もいない。それは5年10年たっても同じだろう。(早く多くの原発を推進し再開すべきだ)」

・・・・????
これほど真実と事実を直視せず、自らの都合のいいように詭弁と言葉のトリックを使い、黒を白に変えようとする悪意の塊のような発言は、通常の原発肯定派でも最近は聞くことはほぼなくなっていた。
ただ原発会社内にはこんなことを平気で言える程度の無神経で不見識極まりない輩がまだまだ多く潜んでいたという【寡占会社内の暗闇の悪意の事実】の一端を、改めて見せつけられた思いだ。
みなさん、よく覚えておくがいい、こういう詭弁を弄して原発会社は攻め立ててくるということを。


直接被害で死んだ人がもし一人もいないと現在のザルの法律が認定していなければ、原発推進していいのか! 今回の福島の戦後最悪の経済的・自然的・環境的・人権的被害は無視していいとでも言っているようにしか聞こえない。どうですか?
どれだけ多くの人が故郷を見えない悪魔に汚され、多くの家畜やペットを見捨て処分され、豊富な多種類の美味い魚や野菜などを出荷停止され、多くの復旧労働者が被爆させられ体調を崩しているか・・・・多くの強制被災者は今も仮設住宅や遠くの見知らぬ土地で将来が見えず苦悩の日々を一年以上送らされ、これからも先が見えない日々を送らねばならないか・・・・・・・そして借金大国の日本は、この戦後最大規模の人災を起こした会社に何兆もの個人では微々たる見舞いや中途半端な賠償金や当該会社のための多額の想像できない公的資金を投入しているかを!!!!


果たして知っているのでしょうか?!?!?!?!


それらの痛ましい現在何万以上の日本国民の抱えさせられている不幸な現実を、知らないのでしょうか?!?!?!?!


・・・・そんなはずはないでしょう。意図的に都合が悪いから無視しているんでしょう。自分の立場とは関係ないと。

まず、会社は異なっても、地域寡占の電力会社に勤め、それも原発部門の管理者であるなら、まずそれらの現状を察して、その恐るべき現実を認めてから発言すべきではないでしょうか。


会社が違うから、原発やってても家が起こしたわけじゃないから、家は万一にも東電のような失策はしないから関係ない ですか?


会社が違うから、他の会社の起こした事故や被害は、確かに法律的に関係ないでしょう。
しかし、こいつの発言からは、同じ日本人、人間としての何万を超える被災者、故郷から追い出され、生業を奪われ、精神的に追い詰められうつやノイローゼになり自殺した複数の人たちへの気持ちと配慮が全く感じられない。
日本人としての共感能力が欠如している。


これからの原子力の割合会議だから自分の一方的な原発大事大事意見だけを言って終わる程度の分裂した子供のような管理職の言葉と態度は、人の形をしてその中で操っている人でない人の心を持たない猜の怪瓩鮓たときの異様感でゲッと吐きそうになりました。


邪教の教祖や職員で魔のままに行動している人が多いけど、その原発版を見た気がしました。


「反原発で日本が衰退するのをなんとしても防ぎたい。」
「政府は原発のリスクを過大視しすぎている」
「もし原発45%という選択肢があったらそちらを押していた」


・・・・なんともはや・・・・開いた口がふさがりません・・・・
・・・・原発45%・・・・とは、キチガイ沙汰です。
・・・・これが、もはや会社内で立場上会社の保身のために語っている電力会社原発部門の発言というよりは、原発カルト、周りと今の日本の状況−不幸や被災の現実の見えない原発急進派ロボットのような発言にしか聞こえません。


それに原発建設、保守、維持で儲けようとする原発利権複合体の思惑そのものの恐るべき詭弁が入っていますね。


こういうことを多くのマスコミの入っている討論会で平気で言えるということは、原発廃止、反対の少なくとも半分以上、2/3から3/4そして4/5以上に及ぼうとしている原発要らない日本の国民に対する電力原発会社からの挑発であり挑戦であり、お前ら国民の被害よりも俺らの儲けや仕事や経済の方が何倍も大事なんだよ!!!! という、原発をずっと維持し続けて日本を魔の国にしようとしている魔物の国民に対する恫喝、遠吠え、威嚇にしか聞こえませんでした。


原発が恐い、キモい、要らない、廃炉にすべき、自然エネルギーとフリーエネルギーの再生と循環の自然の在り方を生かすべきだと考えている多くの同志の皆さん、原発反対に、もはや遠慮は要りません。


日本から原発が廃炉になりなくなる日まで、原発反対の声を大きく高く、一人一人のできる方法で、上げ続けましょう。


電力会社は、このような現在の日本国民の声と心と惨状のわからない脅威の原発急進カルト人間が、まだまだ多く隠れ蠢いて、隙あらば日本を再び原発危険まみれにしようという恐るべき悪魔の思惑が汚く働き続けているようです。


日本から原発が廃炉になりなくなる日こそ、日本が新たな展望とスタートの立てる日です。
現在の原発関係者・労働者がすべて自然エネルギーの普及・開発・促進・営業・企画・立案・設計・建設に回れば、日本はその技術力で、世界一の自然とリサイクル・フリーエネルギー大国になれる力を秘めています。
それの実現に向けて、自然と正しい神々と宇宙意思と共に戦い続けようではありませんか!!!

 


 

さようなら原発1000万人アクション
| 14:19 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |


7/7ハルヒ七夕の佳き日だが、

野田さんにはもう国民の反対の声は雑音としか聞こえてないようだ・・・・

下先記事
『原発再稼動で日本を地獄の炎で燃やしてダメにして、国体を沈没させてはダメだ!!!!』
の続き

またこの週末も2万人近くが内閣府前に集まって、原発再稼働反対のシュプレヒコールを平和的に行った。
大阪関電前にも三千人近くが集まって抗議した。
それを大手メディアも短くもニュースで報道した。
意外にも今回しっかりと声を拾って報道したのは日テレだった。
やりますね!

官邸の野田さんに、「人々の声を受け取めてますか?」
とのレポーターの問いかけに、「いろいろな意見を受け取っています」との紋切型のマニュアルどおりの回答しかしなかった。
先週は人々の声を「音がすごいね」と言って、(多分)報道ステーションのコメンテーターに批判されていたが。

―やはりもう本気で人々の反対の声を聞く気はないようだ。
長く大きな権力に抵抗もせずに巻かれ同化する優等生首相に、
もはや人々の声は届いても、もう過ぎた雑音程度にしか聞き取ってないのだろう。
身体はドジョウで泥臭くとも、魂はそうではないと信じたかったが、もはや今の野田政権民主党に日本を任せることはできない。
それは、日本の心身共なる犹爿瓩垢覆錣銑猝破喚瓩悗瞭擦魄嫐する。

自らの民主党の中からさえも、原発再稼働に疑問を呈する心ある声が内閣に100議員以上届いているのに自らの民主党の声さえも聞かずに、覆う黒い闇の力の権力の声だけを聞いて突き進む。

それではもうダメだ。
もはや日本は次の猝破喚甅犹爿瓩砲茲蟠瓩ぅ好董璽犬悗函▲妊センションするしかない。
そのような中にあっても、個人一人一人は、自らの心の疑問の声を聞いて、魂が決して受け入れない原発再稼働に勇気を持って各々なりの方法で「Non」と言い続けよう。

日本もドイツやスイスのような環境反省変容国に、努力次第でまだ近づくことができるのだ。
それには一人一人の国民の抵抗の声を出し続けることが、何よりも大切だ。


7/8更新

松原照子さんの『世見』によりましても、原発は神様からの警告の対象になっています。

「脱原発」として、
昨年の東日本大地震まで、日本の原子炉はアメリカ・フランスに次いで世界第3位の多さであり、原発運転上のトラブルを絶えず心配していたが、
2007年の新潟県中越沖地震での柏崎刈羽原発トラブル、
又、2008年の岩手宮城内陸地震で福島第二原発の被災後も原発の安全性をうやむやにした結果が、今回の答えとなったとのこと。
日本海が原発の被害で汚染されない事を今は祈るしかない悔しさであり、 「脱原発」しかないと言われているが、全く同感である。

このような半分以上あると思われる日本人の 「脱原発」の声を、内閣や官僚や利権複合体が自らの保身と欲得のために無視し続ける限り、日本は猝破喚瓩鉢猗昌Δ鍬瓩慮造蠅覆不幸な運命へと向かわせる。
日本の内閣や官僚は、自らがよかれと思っていても、やはり天地自然宇宙のゼロポイントからすると、闇の世界を向いて肉体ではなく魂を黒い重力に引かれているわけだ。
核の危険と自然リサイクルの1970年代前半からの提唱者:五井野正氏が地下のウランの燃えたぎる地獄への門が開放されていると科学的知見より言われていることと同等である。

原発国民投票と反対の署名は、原発に反対し故郷や自然や家族の健康を今後人工放射能より恒久的に守りたいと思っている正常な意識の人たちには、必須なのである。


さようなら原発1000万人アクション


               


| 13:37 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
さようなら原発1000万人アクション

行動できない人だって、署名ぐらいはできるでしょう。
もうこんなに集まっているのです。
予定人数超えて、しそびれても知りませんよ(^^;;
あっ! とっくに署名済みでしたか…それは失礼。
多分超えてずっと行えば、日本国民の半数以上が反対でしょうけど…。

政府は原発利権複合体の欲得と儲けから出た偽りの声を聞くだけでなく、
一般市民の本当の声を聞くべきです。

そして都民も府民も道民も県民も国民投票するべきです。
国民の半数以上反対ですっきり結論が出ます。


               


もはや内閣は官僚と財務省の実質傀儡、操り人形に成り下がり果ててしまっている。
消費税増税は日本の景気をより不健康にし、弱者の生活を脅かすが、
福島から何も学んでない何かに追われ脅されているような原発再稼動は、日本の方向を無限の闇、地の底の地獄の炎へと再び追いつめる。

圧力に屈しない原発再稼動を認めない強いリーダーが、日本の舵を取るようになりますように。
それを強く真剣に祈るだけ。

圧力に負けて原発再稼動容認し、日本の精神も自然も国民もすべて、本当に沈没させてはダメだ。
原発反対する国民は、生きている限りNOと各々なりの方法で表明しなければ原発と共に滅びるだろう。

原発やめますか? それとも真人間やめますか?
は、知った人にとっては冷静な二者選択の判断にしかならない。


さようなら原発1000万人アクション


| 22:31 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
初音ミクさん他のステキなVOCALOIDのオリジナル曲にはいろいろ素晴らしい曲や画像やアクションがあり、癒され魂の光を再確認させてくれますが,今回は時節がら、振り返り確認や警告的な要素がほんの少しでも入っている動画を拾い,ご紹介させて頂きます。


初音ミク(唄:鏡音リン)  「炉心融解」歌詞付き


想像の暗黒世界に流れ落ちる青い滝のような放射性物質を連想させる流れが不気味だ。

エーテル、耳鳴り、全てが嘘なら本当によかったのに…
溶けるように少しずつ死んでゆく世界…
作者の潜在意識は何を言いたかったのだろうか…
どのような衝動に突き動かされ2010年に作詞されたのだろうか…
私達の人類の集合意識の一部には,その答えが共通に存在するだろう。

炉心溶融(メルトダウン)は、核融合炉では起こらないし、核融合は科学的に実用化されていない。
核分裂という宇宙の法則から外れた不調和な行為でなんらかの問題が発生して初めて起こるものだ。
核分裂より核融合の方がずっと難しいようだ。
特に常温核融合は未逹の技術で、かのアーサー・C・クラークも期待を寄せていたが,どうなることだろう。
「ニコニコ大百科」の「核融合」の項の下の方に「Vocaloid曲「炉心融解」との関連性」とあることからわかるように、
この曲はそんな現実(炉心溶融の人工災害)を意識した歌詞ではもちろんなく、精神世界=仮想世界の出来事として自由に作ったものと説明されている。

純粋に創作の世界での空想曲ではあっても,上述のように未来も過去も繋がっている潜在意識や集合意識は、敏感であれば何かに気付いてそれを発信しようとするだろうし,人間として当面の問題を考えようと提起するだろう。予感の恐るべき推測の臨界が起こっていたのかもしれない・・・・。

個人的には、ポピュラーでアンダーな何かを聴いた人に考えさせる名曲として、全体にまとまった作り、また上述他のゾッとする歌詞と優れた音作りと作曲に感銘したという次第です。

こちらの世界ではたいへんな人気曲なので、いろんなアレンジや作りの動画がアップされていますが,ミクさんよりプロ?級の人が歌うこちらはやはり上手く,完成度の高さには感嘆させられましした!

  炉心融解 歌ってみた 【リツカ】
  


否定的な歌詞より連想された、強化人間にされた美しいヒロインのサスペンスアクションドラマのオープニングテーマ曲。

 五十嵐いずみ IZUMI IGARASHI エスケイプ! ESCAPE!
 

まだまだ'80年代アイドルのポップリリスムしてる♡

この歌では危険地帯はサヨナラしよう とメッセージしています。
これは、ドラマの設定や舞台になった特定の組織や狭い地域のことですが,このドラマが出てから約30年後の現実に反映させて考えてみることもできます。
現在の日本での危険地帯は、放射能拡散予想地域と大地震被害予想地域です。これが,今の日本では潜在的な危険地帯の最たるものと言えるでしょう。
しかし日本で本当に安全なところに住むことのできる余裕や行動力のある人が一体どれ程いるでしょうか?
その地に住み続けるしかできない人が,99%以上でほとんどです。

多くの人達は,潜在的な危険地帯で,暮らすしかありません。
やはり霊性の進化と覚悟と天地自然宇宙への同通できることが、人間一人一人には必要です。
決して難しいことではなく,忘れて久しいのですから,徐々に思い出してゆけばよいのです。
予言されているこの夏を乗り越えることができれば,新たな展望が開けるでしょう。
しかし残念ながら遭ってしまうと,それも精神・魂が向上し浄化される最大のチャンスと言う捉え方に近づいて頂きたいと思います。


茅原実里さんの歌う『涼宮ハルヒの憂鬱』最初の大作映画『涼宮ハルヒの消失』テーマソングの歌詞には愛と真理の波動とワードが癒しと共に隠され溢れています。

「優しい忘却」 Feat 【初音ミク】 Dark



例え大地震や災害で肉体が死んでしまったり助かっても周りが被災してしまっても,魂は消えたりダメージを受けたりすることはない。ダメージをうけるのはあくまでも肉体と肉体に支配された心にある。死んだら私達の意識は永遠に消えない心と共にそれぞれの意識に応じた世界に行く。身体や物は例え壊れてしまっても、この歌は意識には大きな癒しの波動となる力を秘めているだろう。
天使を心から信じている人は,もし万一死んでしまっても、本当に天使が迎えに来てくれるよ。死ぬことのない常愛の世界から。
しかし生きている限り,強い意思を持って生き続けないとダメだよ と多くのスピリチュアルガイドは強く言っています。
備えたい。非常用グッズも大切だが,魂の理解と覚悟はもっと大切。
下のKagari ∞ Kazuki さんや光明さんの教えには,日頃から接して自分自身よく覚えておくことです。


      

『涼宮ハルヒの消失』          『優しい忘却』




| 20:32 | 自然エネルギーへの道 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>