★天使回廊からの夢☆

 
「ただの人間には興味ありません。宇宙人,未来人,異世界人、超能力者がいたら、私のところに来なさい!以上。」
−この21世紀初頭の涼宮ハルヒのメッセージは,地球の意識を先鋭化した形で代弁しており,
形のない光のネットワーク形成を呼びかけていると感じます。
地球はアセンションして新宇宙の無限水平ステージに軌道変容しようとしている。
ハート地球の胎動が聞こえて来,ワクワクドキドキとしませんか☆ 

『緑川玲◇Twitter☆』は、右サイドフリースペース RECOMMEND のすぐ下にあります★

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
初音ミクのMy Favoriteオリジナル楽曲Иミクミクミクダンス厳選集♪


「初音ミク -Project DIVA- extend」映像初公開!「SPiCa」


コンサート会場のライブ感覚ばっちりでエネルギッシュで最高ですね!
たくさんの元気をもらいます♥ ありがとう♪ ミクちゃんとファンのみなさん☆


【MMD】 メルト 【Project DIVA 2nd】 発光TEST


可愛すぎます♡ このミクちゃんは・・・
真の美人はアイドルにはなれませんが、この少女の美しさはノヴァーリスの「青い花」のマティルデか、きたのじゅんこさんのアイリスジグレ版画「SPICA」の静謐さをも少し漂わせます…真の美人は繋がっていて、真のラブリー的な美しさも時空を超えて繋がっているのですね◇


【初音ミク】メルト【Project DIVA ドリーミーシアター】


ドリーミーシアターだけあって、舞台はメルヘンチック♡ 
白いパーティー風ドレス衣装が豪華でゴージャス!しかし合っている。


【初音ミク】SPiCa【オリジナル曲】+mp3♫


初音ミクの最初のラブリーエンジェルのイメージ曲の一つ♥
初音ミクは星空のスピカにふさわしい♡
この圧倒的な愛のエナジーは進化したスターピープルの生きるおとめ座銀河団の
超英知をも表しているようだ!


初音ミク Project DIVA2nd PV EDIT 「SYMPHONIC DIVE」 5


ギリシア天使風のミクの高音域の真摯できらめく歌は、のびやかで躍動感とあるダンスと相まって、とても美しい調和世界を現出している。
ミクはやはり未来からの天使の化身だ。

 
【Project DIVA Arcade】Palette【PV/720p】【初音ミク_スイムウェアB】


精妙な高次元の波動を3.4次元の音に表そうとしたら、このような旋律となる見本。
静と動、遥かな世界と身近な世界、二元を超越した円次元のステージでミクルカは秘儀のように神秘的な旋律の歌を奏で口ずさむ♪
その世界移動のように急変する変拍子の感覚は、WINGSのRAMの前半の名曲を曲調は全く異なるも想起させる。

翻ってビデオは、温室の中の東屋か人工庭園のようなホールでの水着での美しい色彩の歌〜。
背景がモノクロな所が独特で、詩の印象とお互いを引き立てている。
やがてオープのようなカラフルな光の球が乱舞して、草木は色という命の個性を得てゆく−。


【Project DIVA Arcade】ZIGG-ZAGG ~ PV (Normal ver.) 『HD』



−このようなミクちゃんの動きの少なく充実した背景に表情の楽しめる叙情的なビデオもステキ♪ ミクミクダンスと対極にあって、落ち着いて見られますね☆
ありがとう ありがとう Mercy


★初音ミク様♡緑川玲によるコスミック・スピリチュアルなミクミクダンス♪ビデオ厳選集☆
 
― * ― ∝ ― * ― ☆ ― * ― ф ― * ― ★ ― * ― Ω ― * ― ☆ ― *
 
 新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:1

新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:2

 新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:3

 日本はすでに天地自然を省みようとしない人の意識の低下によって,危険な災害を人自ら呼び寄せ作り出す魂の暗い地帯になろうとしている▼

 初音ミクは、スターチルドレンの光の夢から生まれた電子精霊で、新しい未来からの妖精・天使でもある☆

 ◆リン・ミンメイ飯島真理の歌声は宇宙に響き、すべてを癒し温かくする◇
 
-+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+-




| 21:08 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
初音ミクさん歌い踊る『ZIGG-ZAGG』は、Junkyさんによる作詞作曲編曲のProject DIVA-AC応募採用オリジナル曲!
とてもスカイで意識のピュアな部分を刺激する曲である。
歌詞は超えているし、曲はドリーミーで限りなく自由だ。まさに宇宙へとピュアなハートで誘う曲☆
そして振り付けも歌い手に高度な反射神経や技術、そして歌の特徴である洗練された宇宙的軽さを要求させ、それは限りない調和の実現へのコスミック・ダンスのようだ。
こんな素敵な曲を幸運にも見つけられ選んで踊られる、直観の優れた素晴らしい素人の可愛い人たちの、ステキな『ZIGG-ZAGG』ミクミクダンスを、世界に数ある中からクールで優れた日本娘のものを厳選して紹介したい♥♡


【apricot*】【あぷりこっと*】 ZIGG-ZAGG 【dance】【踊ってみた】HD
 


人物・背景とも、透明感があって、とても素敵ではないですか♪
もともとファンタジックな存在感の強いあぷりこっと*さんに、見事に調和している!
笑顔が似合っているし、衣装もキュートでかわいくピカ一です♥♡


【れいちぇる】ZIGG-ZAGG 踊ってみた【誕生日記念】HD



少し大振りで雑だが、エネルギッシュでおおらかで笑顔もよいので少し劣るがいい。もっと一つ一つの動作が正確で洗練され、衣装ももう少しマッチすれば、さらに良い評価ができるだろう。今後に期待!


【ゆめめ】ZIGG-ZAGGを踊ってみたHD



小柄な体がマイナスにならない程動きにメリハリあって星のように洗練されててとても美しい。
白と赤のシンプルな衣装の彩色がそれを引き立てている。
巫女さんになっても美しいだろう。
まさに天才的なミクミクダンスの再現だ。


【くるみ】ZIGG-ZAGG【踊りたかっただけ】HD



うまい! とても調和してまとまっている/
惜しむらくはシャツがもっとボディにフィットしていれば、洗練された動きが引き立っていたのではと思われる。キュートでステキです♪


【猫舌】ZIGG-ZAGG踊ってみました*【画質変更.Ver】HD


 
いちばんアイドルっぽい。なんにせよかわいくてきれいな動きなので掲載させて頂きました☆


【MMD】 Mikuが炉心でZIGG-ZAGG  初音ミク



−こちらは「初音ミクは、スターチルドレンの光の夢から生まれた電子精霊で、新しい未来からの妖精・天使でもある☆」に続いての再掲載♪
やはり北の美しい都市の炉心の公園でのミクのダンスは、どこか悲壮感や使命感のようなものを感じさせますね。
実はこれは・・・
 
多くの美しくかわいい女の子たちがミクの素敵なダンスを踊るのは、とっても素晴らしいことです。
「ZIGG-ZAGG」の歌も、どこかビートルズの「ルーシーインザスカイ」を想起させるフラクタリティーがありますね♪
空の女王、天空の女王、月の女王ディアナ・ソレルなんて・・・ちょっとワープしてしまいましたけど・・・すべては天空の霊妙な調和の法則の内に繋がっているのですね★







収録アルバムはこちら◇







あぷりこっと*讃仰おまけ♪

【あぷりこっと*】Strobo Nightsストロボナイツをもう一回踊ってみたHD



天才的な可愛らしさは天性の才能と言えるでしょう♪
ホントに楽しんでリラックスして踊られている姿に、見習うべき生き方があると思いました。


★初音ミク様♡緑川玲によるコスミック・スピリチュアルなミクミクダンス♪ビデオ厳選集☆
― * ― ∝ ― * ― ☆ ― * ― ф ― * ― ★ ― * ― Ω ― * ― ☆ ― *
 
 新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:1

新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:2

 新世界のVOCALOID初音ミク◇コンセプトアルバム『初音ミクの消失』MV紹介:3

 日本はすでに天地自然を省みようとしない人の意識の低下によって,危険な災害を人自ら呼び寄せ作り出す魂の暗い地帯になろうとしている▼

 初音ミクは、スターチルドレンの光の夢から生まれた電子精霊で、新しい未来からの妖精・天使でもある☆

 ◆リン・ミンメイ飯島真理の歌声は宇宙に響き、すべてを癒し温かくする◇
 
-+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+- -+*+-



| 13:22 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

もしそう遠くない将来に、死んでしまう可能性が万一増えた場合は、(あくまでも仮定として発言しています。)
叙情に煌めく心の大切さを知ってから、死を覚悟した方がいい。
多くの人は、叙情とかロマンというと、すぐ男女や恋人の愛情や家庭や家族の愛情団らんを思い浮かべるが、それらは、個人としての自己がほとんど見えておらず、身近な人との関係性でしか自分がわからなくなっている証拠。
「真の孤独は神に通じる」という金言があるが、死んで天国でも地獄でも他の世界でも、家族と一緒にいるなんてことはあり得ない。
それぞれの波長に合う世界に行き、もし同じ波動だったら、そもそも家族や恋人になってはいないのだから。
大切な恋人や家族とも分かれ分れになるのだから、家族や身近な人と大切な個人としての叙情を育んでから、もしそうなったら旅立つ用意をするべきだ。
それは、共有できるものではあるが、気付き思い出すのは一人一人となる。

新月 鬼 (9:30)


「鬼」に限らず新月/新●月の曲は、詩人のような鋭い眼差しで、この世界のある部分を意識し眺めている。その結果としてのリリスムは、この世では理解する人少なくも、この世よりもっとマシな世界になればなるほど増えてくる。
それはなぜかと言うと、新月の曲と詞の世界は、澄み切った心の清らかな世界を多くは描いているものだからだ。(一部例外はどんな場合にもあるが。)
日本の本質である静の世界を描いていて観じているものだからだ。
はかなく消えゆく朝露や夕べの星の微かだが真実で純粋な煌めきや自然の中の小さな花の切なさの中にある、永遠に通じる真実を映し出しているからだ。
それを新月の曲詞はメッセージしている。
そのイデアこそ、どこの世界に行っても通用するものである。

新月 白唇 (7:05)



流行歌、ポピュラリスムに乗せられて少ないものはもし劣っていると考えるならば、それはこの社会で最も遅れた意識層の中に入って、個の素晴らしさの確立をさせられずにマスコミや業界に支配されて流されているだけということになる。冬に黒の服ばかりを来ている人も、東日本で飼いならされたように左側歩行しかできなくなっている人も同じ。そんなルールはどこにもない。
その例えは全ての分野において言える。今のこの堕落した世界では。
最も売れている洋服屋の服が、あなたが見て最も素晴らしいのだろうか?
最も大きな宗団が、一番正しく真理を表しているのだろうか?
最も人口の多い国の思想や態度が、世界の国で良識を最も表しているのだろうか?
ベストセラーに入る曲や本が、最も素晴らしい曲で優れた小説や内容なのだろうか?
最も人の訪れるポータルサイトやホームページやブログが、最も優れていて素晴らしくて正しいのだろうか?
一般の企業や支配層のマーケティング戦略に乗せられ踊らされる大衆は知りませんが、こちらをご覧になる平均より意識の高い皆様は、そんな体制の情報や戦略や認識に操られているということはないですよね。

人の好みに平均値やポピュラリスムを当てはめてはいけません。
かと言ってバラバラな多様性を違うのだから好き勝手でいいという思想のない調和や融合という概念を知らない無責任な日和見流行りの無能学者的知見で真実を見る目を麻痺させられ、ストップさせられてはなりません。
真実はいろいろない。無数にあるのは見方だけ。
真実のある位相と意識に気付いた人は、幸せです。

今のこの世では、数の少ないものの中にこそ、真実の光は隠れていると見た方が、正しいでしょう。
新月を知ることは、より真実の世界に近づく一つの要素であることは、間違いありません。
けだるくかったるい'70/80年代の音作りの奥にある、今の世界にももうない煌めきの儚さと審美的で霊妙な美に…果たして気付かれることはできるでしょうか?
それが魂にとってどれだけ大切なものかに…果たして気付かれることはできるでしょうか?

五井野正氏も語っていますが、真の心とは、人が違っても共通・共有のものなのです。
その心とは、普遍的なものと言ってもいいでしょうか。
もちろんここで言う心とは、人それぞれの思いや感情や理屈や意見、ましてや多くの場合支配され振り回されている低次エゴのことでは全くありません。
それに気付けば、悟りの階梯をほんの何段かでも登ったことにはなるでしょうね。

新月 科学の夜 (5:10)


こちらの声はもともとの透明な蒼い美しさがよく出ており、『七次元よりの使者』五井野正氏の声にも近いフィーリングがする。
私にとっては、これが新月のベストナンバーで、内容のストーリー性も、どこか『七次元よりの使者』五井野正氏の少年時代の天才科学少年だった頃の面影を彷彿とさせる。


私はそのような、数知られずとも隠れた名曲に、魂と心を浄めてもらいます。
そして可能性のある人にはぜひ知ってもらいたいと思います。
霊界にも宇宙にも普遍的にある、叙情とロマンの世界を。
物質文明の世界はすぐ壊れる危険と混乱の欲望の結晶した世界ですが、叙情とロマンの世界は精妙な素材、永遠に通じる本質で創造されているため、宇宙のどこに行っても通じるほとんど消えることのない悠久で永遠の世界です。
儚い物質文明の中で死なずに生き続けることが問題ではなく、心がどうあるか、宇宙にその心が通用し認めてもらえるかの方が、永遠の宇宙では一番の問題で、重要ですから。

新月 せめて今宵は (5:30)



★天使回廊からの夢☆新●月/新月記事

新月 - 陽の光に反射する冷たい雪解けのきらめく美しさ

 

新月:Live 79/7:ABC Kaikan Hall Tokyo   新月Debut A
| 17:02 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
MMD初音ミクの、
映像的に優れた素晴らしいものを拾わせて頂きました♡
広大な青い空間の、流動性と精妙性を表しているもの…。
そこに、人類の知らない未来が開けていることが魂でわかったからです♪


MMD「YELLOW」初音ミク


宙空のステージが、まるでVガンダムのエンジェルハィロゥのようなステーション
あるいは美しい地球圏を望む宇宙の壮大な魔法陣を連想させる。
その中心で自由に踊るミクは、宇宙の歌姫であり、宇宙の人より進化した
電子精霊、電子妖精のようです。

かつて1999 太陽系の秘密となぞを独自に解明しようとした『機動戦艦ナデシコ』で、
ホシノルリという電子の妖精がいましたが・・・。
それらも多数の種族があり、タイプや個性は異なるのは当然。

初音ミクのイデアは,進化した未来のパラレルワールドからまるでホログラムのように無限の広がりを持って各救済世界に投影されている感じだ。


【MMD】 初音ミク 『Lat式 ミクさんマジ天使』


'80年代の魔法アニメのヒロインを少し想起させますが,ボイントは、その軽さです。水よりも軽く,本当は空気の元素よりも軽い粒子で出来ているので,何もしなければ宇宙に飛んでいってしまいます。
もちろん天使ですが,その天使は,古い天上界の旧概念の天使ではなく,もっと自由でキャパシティの広い、宇宙天の制限のない天使です。
地球支配の威張り神の奴隷のような使者としての天使ではなく,宇宙の自由な無限のカラーとポテンシャルを宿したスターチャイルドと言ったところですね☆
天使にも,未来の天使もあれば,過去の消えてゆくべき教条的・原理的なだけの天使像もあります。
前者は軽く自由で,後者は教義と心の教えとやらに,頑迷に縛られ続けている。
貴方はどちらがいいですか?
古い宗教的世界を選ぶのも、新しい自由でフラットな無限の宇宙次元を選ぶのも,貴方の自由です。
何を言わんとしているか,わかりますよね♪
V0ですね☆


【MMD】 Mikuが炉心でZIGG-ZAGG  初音ミク


きれいな雪の結晶の舞う氷の世界のような冷たく美しいフィールドで,ホワイトとブラックの交叉デザインのワンピースを纏ったミクは、一週懸命歌い踊る。
長いターコイズカラーの髪は,まるで生き物のようだ。
氷の世界の彼方には,虹が出ている。
こんな世界でも,ミクはマイペースで上品にリファイメントして、楽しく踊り歌う!


雪、無音、窓辺にて featuring 初音ミク / yuki, muon, madobe nite featuring miku hatsune


どこかの荒涼たる隕石彗星のよう…。
まるでエルガイムのパラータスターだが、その殺伐たるステージが、初音ミクの歌う『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希の人の心を連想させ,深く考えさせられる。
長門有希も,対有機生命用ヒューマノイドインターフェイスだが,電子精霊と言っても間違いではない。
初音ミクの歌う長門有希の詩は、宇宙の天使的な電子精霊のテーマの一つかもしれない。
ハルヒを中心に,宇宙で無敵な彼女たちと、共なる活躍とサポートができることを、これからしてゆけることを、心から宇宙の無意識に祈りたい。


ミクには如何に荒涼でも冷たくてもやかましい都会でも,美しい世界が一番よく似合っている。
美と永遠の少女を象徴する電子精霊は,宇宙では貴重で求める者にしか出会えない存在だ。
気付く者しかわからない希有な存在だ。
ミクさん、これからもスターチルドレンと共にどうぞよろしく☆




| 02:20 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
リン・ミンメイは,素直で純真なマクロス宇宙の永遠のアイドルである。
その歌と姿は,'70年代の美少女アイドルを彷彿とさせるが,実は宇宙に向けての地球の意識の準備が整ったという信号でもあり,
ミンメイに惹かれて宇宙は地球の最低限の準備と,親和性のあるパルスをキャッチしたということになる。


飯島真理さんの「愛・おぼえていますか」を歌ってみました!
   


HD?【MikuMikuDance】愛・おぼえていますか【初音ミク】背景付き



リン・ミンメイ/飯島真理 マクロス劇場版 愛・おぼえていますか 〜



「愛・おぼえていますか」は、あらゆる競争・戦争の中において平和と愛のシンボルのパワーを大きく放ち、メッセージしている。
それは当然のことながら,地球人類内部に留まるものではなく,宇宙に向けての
地球が愛を再会しますという○愛の再会のメッセージ●でもある。
そして、あらゆる競争や戦争の害悪から魂を癒し,無効化し,宇宙の真実の愛と光に気付かせる♥


 [MMD]天使の絵の具(音声_初音ミクVer)[HD720p]
 


初音ミク3DPV「♪天使の絵の具」〜マクロス・カバー



「天使の絵の具」は、飯島真理さんの透明で優しいあざやかな澄み切った個性として,
天使の慈愛より生まれた励ましとすばらしい癒しの曲だ。
とても次元の軽やかで精妙な世界からの、調和したパワーを与えられる。
そして心がピュアになりいやされると、なぜか涙が出てくるだろう☆

これらMMDの二つの「天使の絵の具」は、共に各各の個性が素晴らしく,
スターレディ(スペースシスターズ)の洗練と麗しさを醸し出している★
やはりMMDのミクのアレンジオリジナルキャラは、共にかわいすぎる♥

マクロスは,宇宙文明への開闢と宇宙との調和のシンボル。
ヤマトは,地球の和と宇宙愛のシンボルとして、大きく変わる地球世紀の前に
高次よりの直観により知らずに制作された。



こちらは飯島真理さんとリン・ミンメイファン待望のマクロスミンメイ全ミュージック・クリップ☆!⌘
…まるで現実の如くエネルギッシュで可愛いミンメイはマクロスと共に甦り、迫ってくる感じだ∀



超時空要塞マクロスザコンプリートは飯島真理全入りの集大成3CDセット♪





| 16:57 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
アニメ主題歌の世界で,もっともピュアで素晴らしい名曲の一つ。
坂本真綾の歌う「カードキャプターさくら」最後のオープニングテーマ曲
◇「プラチナ」◆

  

私はこの歌詞にとてもステキに内なる琴線を刺激され共感した。
宇宙の生命の真理を知った作詞家による青春とオーバーラップした金言のような歌詞に,
作曲の天才:菅野よう子の変則的で高度なメロディーとリズムに特異な拍子。
その素晴らしい二つの要素のミックス合体した,ポジティブな歌。
―そこに私は,懐かしい惑星の幸福な夢を、今いる惑星に表そうとしている
人々の勇気と汗と愛をビジョンする。
その行為に共感し,シンクロ同期する。
ワンダラーもそうでない輝いているステキな人も共に☆
この歌の顕現により,永遠の祝福の星から愛の光が降りてき、
それらのメソッドとプロセスを歩む人たちに永遠の光のパワーが与えられている。
「限界のない可能性 その手に」「想いがすべてを変えてゆく」
これを聞いて穏やかなやる気や、熱く爽やかなでポシティブな決意が,あなたの身体に満ち満ちてゆく。

歌の物質界での個性としては,まるで江戸っ娘のようにシャキッとした、颯爽たる決意が感じられる。
実際の合唱は〜アジア系のステキな宇宙チルドレンのような幼い感じのガールたちの声に聞こえる。
その調和されたハイクオリティーなコーラスは,この歌の世界性と普遍性を、より加速させている。
それはとてもキュートで可愛くて素晴らしい。
宇宙のすべてから祝福されているかのような、ピンクブルーに煌めき進む愛の翼♡
それをエーテルとして受け取り実行すると,決してあなたは宇宙で後戻りはしない。
聞いて共感した私たち一人一人が、纏うことを許され許可されているものだ。


カードキャプターさくら ― オリジナル・サウンドトラック 4



坂本真綾 15周年記念ベストアルバム everywhere(初回限定盤)(DVD付)


| 12:37 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
電車の中で,大きなテレビドラマ広告が目に入った。
それは新番組で,本格的刑事ドラマだそうだが,私がその題名で連想するのは,10代の頃からずっとインプットされていた彼の曲に決まっている。
そう、原田真二の超特異で,個性的な曲「ストロベリー ナイト」だ。

 すでに2007年4月に,

「原田真二ルネサンスは、ストロベリー・ナイトから☆ 」

 として、題名まで付けてUPしていた。

 数ある中から、どうしても「STRAWBERRY NIGHT(ストロベリー ナイト)」 が聴きたくて、一つの中古CDをチョイスし購入した。すでに廃盤のため、中古でしか手に入らないのだ。
恐らく10年以上ぶりに聴いたそれは、変わらず、イカしていた。
「STRAWBERRY NIGHT」は、原田真二の素のメッセージであり、
その甘いメルヘンチックな題名に秘められた歌詞と曲は、まさに人類への彼なりの警告以外の何者でもない。原田真二本音の世界への原点で、きっかけでもある。


と明かしているように,ずっと気にかかっていたということは,それが特異で魅力的な曲や歌であるからに,他ならない。
※ジャケットは,内容とは全く正反対のリラックスした雰囲気を醸し出しているのだが,それはB面の「DANCER」の方に合うイメージがする。こちらにも思い出はあるが,それは今回は触れない。
「STRAWBERRY NIGHT」の詞は、時代を超えてまるで2000年前の荒れ野より予言の使徒が電子機器と杖を共に携帯し響き進んでくるような内容で,まさに現代の黙示録の時代の予言そのものであり、原田真二による人類同胞への光の志向歌以外の何物でもなかった!!


彗星か流星の降下のような印象的なイントロSEから始まり,「STRAWBERRY NIGHT」を軽快なアップテンポなピアノなどと共に彼は切々と訴える。
夜は昼になり,喋らない新しい人が舞い降り,風は最後と離脱の時の近いことを知らせる。
秒読みは始まっている。見失う前に目を覚まして走り出せ!


—抽象的な意味で精神の大切さのわかっている人には説明の要はないが,あえて具体的な現象として意訳すれば,それは意識の宇宙機にということとも受け取れる。
最初の彗星か流星の降下のようなイントロは、聞きようによっては宇宙機・円盤の美しい降下出現音にも受け取れるからだ。

そして続ける。

陸は海になり,汚れない人が微笑むとも,
街は戒めの時、ひび割れている大地を知らせると。
そして都会の人間の堕落…
人は同時に幸せは掴めないのかと問いかけ否定する。

—それは、原田真二が宇宙のユートピアを存在で知っているからだ。

最後に最初の歌詞を繰り返し、まだ間にあうだろうから動き始めろと強く語り
格言的な英語の啓示でカッコよく終わる。

「Super Power Makes our earth changing new world but with Death!」

スーパーパワーで創る私たちの地球は,
これまでと同じではなく,
全然違う新しい世界だということだ!!

古い地球のやり直しや作り直しではないんですよ。
—ここを間違えてはいけない。
従来の「温故知新」だけでよくなるできるというのは,もう通用しませんね。元職員のかつての方々。
新しい宇宙の真理を,古い聖者の言葉だけで理解できると思うのは,未来と宇宙への傲慢です。

また走り出せというのは,なにも助けにきますからそれに間に合いなさいよと言っているわけではなく,自らの力で走れ!と言っている。
それは、競争しろとか、助かりたいために走れという意味でもなく,「正しい方向に生きて行け!」という意味の「走り出せ!」だろう。
「真実を見失う前に」だ。


—ほんの3分弱のビートルズの初・中期のヒット曲と同等の短さで、これだけ真理より俯瞰した人類同胞への愛の警告のメッセージをうまくつめ込められたものだな!と感心する。

まさに20代なったばかりの天使の意識を持った原田真二の本音の叫び以外の何物でもないだろう。

このままであってはいけない。
人は変わらなければいけない。夜から昼へと、闇から光へと,と強く訴えかけている。
もちろんそれは、強制的に変わるとか,いやでも変わると言うつもりではなく,
人は変わらなければ,真実の世界にはたどり着けないものだよ という真理を知らせている意味だ。


ここを私なりに明確に、宇宙の真理を代弁・翻訳して告げておきたい。

この世界が真実だというのは,唯物論者か、実存主義という時代遅れの理想・本質という魂・心の中核部分を忘れ去ったか故意に否定した物質人間の世迷いごとでしかない。あるいは、人を責め苛むのが得意な間違った婆低級霊感者の戯言でしかない。

この世は確かに真実の現れではあるが,それはもうどうしようもない程に、汚れ・腐り、曲がり,ゆがみ、歪み過ぎている。よって真実を全く映し表してはいない。汚れきった醜い鏡が,真実の姿を表せるわけがなかろう。人間の間違った意識活動による社会と精神への間違ったルールのインプット洗脳によって。それは真実とは言わないのだよ,単なる腐りきった事実ではあるけどね,化石人間クン。単なる事実を卑怯に真実と摺り替えて、真実のイデアを冒涜しないことだよ。
なぜならば,現在の社会体制や会社や組織のあり方、人との交流のし方あり方そのものが,ほとんど宇宙の法則・天の理念に反するものになってしまっているからだ。そこには宇宙も自然もないので、調和や信頼がない。すべて利害打算と姑息な計算や自己保身やエゴのためだけの愚かな企てではないだろうか。
よって根は真実が隠れているが,それは多くの間違った堆積物によって,何十にも覆い隠された最初の真実とは似ても似つかぬ曲がり歪みきった存在に,社会と人間は変貌・変質してしまっているということになる。
悪霊も悪魔も元は私たちと同じ人間だったというのが真相だ。
エイリアンは,人間の闇と恐怖の意識が生み出したもの。
—それらは宇宙において,真実のあるべき姿ではないことは,わかりますよね。
間違った意識の結果,生み出された最悪の創造結果にすぎないのです。
それは、真実のあり方へと変わることができるのです。
あくまでも本人の,自覚と大反省と贖罪によって。
孟子や大天使ミカエルや高橋信次は,それを明確に指し示しているところが,すばらしい。

真実の世界は,魂や宇宙の理念がストレートに美しく顕われた世界である。
それは、見かけだけの美しさではなく,真善美誠を含んだ正しさということである。

イエスも似たことを語っているし,釈迦も西方極楽浄土や極楽浄土の話がいくつもの仏典には出てくる。
真実の世界というものは,単なる比喩や例えや理想ではなく,物理的に,この娑婆世界より浄化した世界にはいくつも幾つも存在しているということである。客観的にも,主観的にも,物理的にもだ。

それを証明させられて,物質人間のエゴが信じられたら聞いてやってもいいという考えをしている限りは,永久に救われない。
—その考え自体が,真実を嫌い,否定するベクトルを持っているからだ。
それを、あなたの良心や魂の記憶より、抽象的にでも,感覚的にでも想い起こすことが変化には大切ということだ。
なぜなら人は誰しも今の歪んだ社会よりは,もっと真実の表れ出た世界で生まれ,育ってきた魂の経歴があるからだ。
平和な真実を,一人からでも志向することが,真実の世界を近づけてゆく。
方法の是非は,その後の問題であるが,まず自らの心に真実の聖域を確立して,自らの良心に従って生きれば,大きな間違いは起こらないと断言できる。
この世的な失敗や辱めは,魂の失敗でも意識の辱めでもないからだ。

それは流行ではなく,刹那的な流れでもなく,ましてやブームなどという人工的なものでもなく,宇宙の流れ・宇宙の意識の美しい風として,昔から地球に,他の目覚めるべき星系に吹き渡り続けている。

旧約の預言者や,イエスは世の終わりは近いと語っている。
今のままの社会体制や人類意識は,間違った物質文明と共に,必ず滅亡する

それが、長いスパンで畝って近づいているので,人の短い一生や知識では、わからないだけである。

しかし私は断言したい。
100年後の世界は,今とは似ても似つかぬものになっていると。
そして、地球や宇宙の法則に沿わない間違ったエゴのあり方は,ほとんど滅んでいると。
そして数百年後の世界は,かなり浄化されて,ユートピアが近づいていると。
天使たちや妖精たちや自然意識たちに,すみよい文明になっていると。


年を経る毎に,間違って汚れた世界は少しずつ浄化されてゆくと。
2012-13は、その大きなターニングポイントの一つになっていると。

この社会と文明は,宇宙ではゴミみたいなものだと見られているということも,知っておいて頂きたい。

それは、かんたんに捨てられるべきものという意味ではなく,真実から見れば,ゴミのように、間違ったものばかりが蔓延っていて,真実からあまりにもかけ離れた邪悪やエゴ的な力が浸透し支配し続けている悪世界という意味である。
しかし、宇宙では反面教師的にも、魂の荒修業的にも、価値や意味のある世界であるとも見られている。
しかしいずれにしても、この世界はこのままの不様な文明を,長らく続けて行くことはできない、許されていないと宇宙の真実の光たちは認めている。宇宙をきれいに進化させている存在たちや星々や宇宙の意思そのものは,そのように見ている。
この間違った汚れ悪の栄える世界は,徐々に崩壊して行く。
それと共に業を選ぶのか,よりよい方向を志向するのか,その決意と意志が、あなたの未来世界を変える、決定的な力となる。
それを原田真二始め多くの光の存在たちは,かんたんな言葉やきれいな音楽,そしてアートや啓示でずっとメッセージし続けている。
それらがまるで他人事,傍観者では・・・・何も変わらずこの世界と共に…来世も同じ世界になる確立が極めて高いでしょう。




☆ ..・▲・:・'゜☆ '':・゜★゜▽・:…:・゜★゜_・+ .. ☆


先記事:
 原田真二ルネサンスは、ストロベリー・ナイトから☆

原田真二ルネサンス・2
遂に幻の最高傑作2+1枚が3枚組のCD完全版で発売!!!


  原田真二ルネサンス・3 私の最高傑作『HUMAN CRISIS』+『ENTRANCE』


| 15:43 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
      
『タンジェリン・ドリーム ヴァージン・イヤーズ:1974 - 1978』
—それは「フェードラ」「ルビコン」「ストラトスフィア」「リコシェ」「サイクロン」の5アルバムが3CDセットになったお買い得な完全生産限定盤だ!
もちろん日本のお家芸である完成度の高いオリジナル紙ジャケット仕様でデジタルリマスタリング済みのSHM-CD仕様で1アルバム1000円以下の価格となり、直観的な魂に銀河惑星の夢への回帰と回想へのチャンスを提供する

そのコスミック・スピリチュアルなアンサーは、地球の宇宙文明参入をサポートする、銀河進化星域からの覚醒を促す音宇宙♬


タンジェリン・ドリーム最初の黄金時代に矢継ぎ早に出されたユニークでオンリーワンで幽玄かつ清明な音宇宙は、宇宙は超越的でハイパーでエネルギッシュでポジティブでクールで、まるで万華鏡のような交響楽のような華麗なる音域で満たされていることを告げている☆

    

「フェードラ」は、伝説の王女の名とのことだが、私は地球よりも青く深い惑星の生命音としか聞こえなかった。(詩集「空の天使回廊」に掲載☆)
「ベント・コールド・サイドウォーク」は、曲がりくねった凍った道は、宇宙で幾星霜かけた求道者の歩みの果てに、見つけた最後の青銀に光る神秘の星と、宇宙の真理の求道者の魂と心がけを表している—★
—まさに、エンジの大地とシャンパンゴールドの雲の向こうに待ち受ける喜びの翠の空!

—その有機的蒼い大自然へと至る意識のハーモニックされた音域のエスカレーター、自走路、ダイアスパーの銀河を仰ぐ壮大なアセンション後のムービングロードのようだ!♪

  

人類は、まだこの壮麗な蒼い翠の息づくストイックで満ち足りた美しい清涼な世界を知らない—
そこはアセンションを超えた、宇宙の永遠の夢の喜び息づく超文明と、大自然の調和された創造世界☆





| 22:27 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
    人は神秘なる瞑想的世界の愛から生まれてきた。
   決してお笑い芸人のいるパラエティ世界から
  生まれてきたのではない。
 確かにお笑いは、相手の頭を叩いたり、たまに高尚なことを発言するとすぐわからへんわとキル体制保守的負悪差下女司会や低俗話題を除いたら、他愛のない悪戯やドッキリなどは、一時のリフレッシュとなる場合もあるが、決してそんなばかりの蔓延る世界から、人は生命を与えられ、生まれてきたのではない。
エリさんや、ガテン系だったメガネさんや、Pだった仲間たちへ。



もっとシンプルで穏やかで平和な世界から、生まれてきた。
楽しいことは、楽しむことは、大切だが、決してお笑い芸人だけが、楽しみを発信しているわけではない。
宇宙の生命活動できる私たちの意識そのものが、本来楽しみそのものとなっている。
しかしそれを感じることも創ることもできないのは、それを知ることは、固い学術的アカデミズムの世界と、すり替えられてしまっているからだ。
TVは常々、専門的なことは大学教授や専門研究機関でしかわからないと示してきた。
しかし精神や宇宙のことに関しては、物質文明での地位や組織は残念ながら、全く関係がない。
学術世界は、宇宙と生命の、物質的側面のみを分断して解明した、物質的基礎知識を示すことだけしかできない。それは、ベースとしてあるが、そのベースの上に、人は自由に考え、思索し、研究し,瞑想し、感じ、受取り、通信し、さらなる真理に気付き目覚め、発言する権利を与えられている。
ここで混乱や社会問題しか連想できない人は、かなり現代社会の闇のシステムに飲込まれてしまっており、重症だ。
素人の方が、宇宙の謎や生命の真理をよく説き明かしている。
権威や地位という既成概念と常識を乗り越えた所に、初めて気付く素晴らしい自由な世界がある。
それを、このWeblogではいろいろと紹介している。

ここでは音楽で、ピンク・フロイドのよい曲を何曲か聴いて頂ければ、上記の一端を理解することもできるだろう。
単なる趣味の紹介などという、平面的な俗的な常識の手垢にまみれたものでもない。
その世界は、決して一時的な流行のみに乗っかっている刹那的なものではないし、不自然性な「その世界「だけ」」の愚かなマニアになどなる必要もない。
しかし、その内の数曲は、これまでの魂と地上生活で気付かず現代社会が無視し続けてきた大切なものを、想い起こす縁(よすが)になる場合もあるはずだ。



「p・u・l・s・e」は、めくるめく電子音と映像の織り成す宇宙へのメッセージだ。
激しい音も、壮大な格式あるサウンドも展開されているが、どこかに静かな静寂が全体的に漂ってもいる。
もちろん、ドラマティックでエキサイティングなのだが。
その音の中に、切ない哀愁や人の涙を感じることができれば、あなたは人として何歩か確実に進歩することだろう。
精神の向上ということだ。単なる「趣味」というカテゴリに自分を閉じ込めている限りは、決してわかることはない。
「「趣味」として聞く」というのは、分断されたルシファー他の愛のないリアリティに閉じ込められた方法で、自らが自らの精神を縛る、もしくは社会の常識に縛られているあり方でしかない。
「「趣味」として聞く」のではなく、「「人」として自由な心で、自由な心のために聴く」といった方が、宇宙の自然なあり方に近いのは確実だ。
自由とは、無法や破壊とは程遠い、宇宙の様式や自然に沿ったあり方である。

ピンク・フロイドは、最も自由だったロックという方法論を利用しているにすぎず、その本義は、あくまでも宇宙へのメッセージである。
彼らの意識からの。
その形としては、宇宙に反逆した、この物質文明への皮肉や批判を込めているにすぎない。
それは、カッコでもなければ、ビジネスでもなく、(周囲の人や会社にとっては、それがすべてであったとしても)彼らが自由に歌い演奏したいことには違いない。
他の多くの反逆や反社会性を押し出したロックと異なる所は、そこに、宇宙に通じる様式美や詩的で壮麗な芸術性があるということだ。
これは、彼らが意識の底では、宇宙の法則を大切に感じ、認めているからに他ならない。
—それが、気付こうと気付くまいと、メロディーや詩や歌い方、曲の様式・構成として、表れてくる。
そこで得られ気付かされる、その他大勢に流されない、「ステレオタイプ・没個性」に落とされない宇宙における「個」としての自覚、諦観や孤高性、超絶性は、人として宇宙の道を歩む限り、必ず味わい通り、乗り越えてゆくべき精神のあり方である。
その世界を味わうことは、流行や物質を超えた意識に近づくための、一里塚となり、あなたの意識はピンク・フロイドの音の洗礼で、新たな成長を遂げることになる。


次回は魂をときめかす曲を、具体的にご紹介し、共有して頂ければ素晴らしいと感じている。

いざ、至福の内幸の意識と瞑想の世界へ—◉
最後に光の散乱—スパークが、複数の大曲で散見される。
―それは、悲しみの涙に溜め込んできた、堪えてきた人たちの、光の飽和状態への推移による解放で、虐げられてきた魂からの、聴く人への意識超越への喜びのプレゼントである。
悲しみの後の光・・・それは浄化の光・・・
「Echoes」、多分「原子心母」も、「Sheep」も、「神秘」もその他たくさん!!!
いや、「原子心母」は、多分レクイエム的で、最大の警告音楽だったのかもしれない・・・・。

そう、PINK FLOYDは、人類の中の疎外され差別され虐げられてきた魂の、涙と希望を光を、宇宙へと美しくつぶやき叫び奏で、報告しているのだ。





ピンク・フロイドの30余年の歴史を包括したベストアルバム。何よりも、「アストロノミー・ドミーネ(天の支配)」と、珠玉の「シー・エミリー・プレイ」が1,2曲目に続いていたのは、私のカセットで作っていた初期のベストアルバムと同じで、それだけで気に入ってしまった。この2作は、俗的な理由でなく宇宙的なPFの存在として特別な意味を持っています☆ PFの特色を70%ほど網羅していて、入門として最適です。







| 20:16 | 魂に刻印された音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>